カテゴリー「カメラ」の8件の記事

2006年9月23日 (土)

デジタルEOSを試してみよう

今日は川越市内をぶらぶら EOS Kiss DXをお供に散策です。

まずは中院へ。春は枝垂桜がとてもきれいなところですが、喜多院と比べるといつも静謐とした雰囲気がして好みです。

Img_0024

デジタルの長所として、フィルムは使わないので1枚ずつISO感度を変えたりだとか、画質を変えたりだとかが可能です。フィルムでも出来なくはないですけど面倒な手順が要るので、手軽に出来ちゃうのは便利ですねぇ

Img_0026
同じようなアングルでモノクロ撮影です。モノクロだともっと深みを表現してみたいのですが、残念 ^^; 腕がありませぬ(泣

Img_0028
なんの花でしょう。やはりコンデジと比べるとバックのボケが美しいと思います。腕がよければもっと美しいでしょう(笑

Img_0033
今日の一押し ^^
今日は歩いていてお線香の香りがたくさんしていました。なんでかなって考えてみたらお彼岸でしたね。
あとは金木犀のよい香りが漂って、歩いていて気持ちよかった。

Img_0043
川越といえば蔵の家並みが有名ですが、こういう大正チックな建物もけっこう残っています。電線がなければもっと雰囲気あるんですけどね。

Img_0049
で、川越といえばこれ!パンフレットに出ているような写真は早朝に行くしか撮れなさそうです。日中は車がばんばん走っていますから。

一通りぶらぶら見回って、お気に入りのCafeで休憩。時の鐘の裏手にありますが、けっこう穴場ですよ。たまにはインスタントでなくって本格的な深みを味わうのもいいものです。

さて、明日は自転車でどこ行こうか?

   
   

おまけ

Img_0018_1
ようやくGet! 使い方覚えなきゃ ^^

2006年9月12日 (火)

買ってし魔王 カメラ版

平日隊出動の日だったのに、秋雨前線には勝てずDNS (_ _,)/~~
暇だなぁ ^^;

   
日曜魔王に唆されて手を出してしまったこいつで遊ぶか

Rimg0028_2
新しいお仲間。CANON EOS Kiss DXです。
デジタル一眼は初めて使います。
   

重量は510g んー 軽いですねぇ。
うちのエース EOS 1Nとはえらい違いだわ。
   

天気がよければバシバシ試し撮りといきたいんですが、この天気ゆえ撮りたい意欲もあまり湧きません。室内で設定を変えてみたり、レンズを換えてみたりして変な画像の量産体制になっております。フィルムと違って何枚で交換っていうところではかなりリズムが違いますので、調子に乗って枚数が膨らみそう ここ用心ですね。
   

エントリー機なので、とりたてて難しい機能はないようです。撮る作業についてはフィルムとそう変わりません。ホワイトバランスやら何やらデジならではの設定もありますが、これは使いながら慣れましょう。
フィルムでは固定されている設定が1枚ごとに替えられるのは便利になりそうです。ISO感度やモノクロ  替えられなかったら困っちゃいますけどね。
   

今回はボディだけ買ったので、レンズはとりあえず今までのを流用しましょうかね。ところがシグマの28ミリf1.8のレンズ、画像が取り込まれずエラーになってしまいます。あれぇ? 確認してみたところ、どうやらデジタルが出る前に作られたレンズらしいなので、内蔵CPUが対応していないのでは、ということでした。んー 残念っす。
幸い他のは問題なかったので、DXの相棒はEF24f2.8に決定!コンパクト設定で参りましょう。

でも 早晩デジ用のレンズを買い足す予感
っていうかもう検討中だったりします(笑

   
これからは季節もよくなりますし、活躍の機会はありそうです。
画像はボチボチ増やしていきましょう。

2006年9月 8日 (金)

EOS kiss DX

CANONからEOS kiss デジタルXが発売になりました。
今朝の朝刊では、見開き2面の広告を打って、「やるやん CANON」っていう感じ。
   

会社帰り、カメラ屋によってちょっと偵察。ぱっと見は現行のDNとそんなに変わらないですが、背面の液晶モニターが2.5型にアップ。モニター見ながら撮るわけじゃないですが、構図を確認したいときなどに見やすくなりましたね。
   

CANONのデジタル一眼レフとしては初めてダスト対策も施していますね。「EOSインテグレイテッドクリーニングシステム(EOS I.C.S.)」というそうです。デジ一は使ったことがないのでダストの影響がどれくらいあって、EOS I.C.Sでどれくらい軽減できるのか、よくはわかりませんが、たぶんレンズ交換も気楽に行えるようにはなるんでしょう。
   

普及期クラスなので当然軽いし、手軽に扱える感じはいいですねぇ。あとはファインダーをもうちょい頑張ってくれれば、というのは率直な感想。使えないほどダメダメっていうことではまったくないんですけど、隣にあったNikonのD80と見比べたらその差は一目瞭然です。価格も少し違うっていうのもありますが、ファインダー越しに見る風景を切り取るんだから、綺麗で見やすいほうがいいと思うんだけど。。。
   
   
そんなこんなでD80もいいなぁ。でも私はCANON使いなので、Nikonに行くにはレンズからまたそろえないといけません。自転車みたいにフレーム以外のコンポーネントは流用、っていうわけにはいきませんからね。
kissDX 実売はボディ単体で8万円ってところでした。そろそろデジタルにも手を出してみようかなぁ。とりあえずサブ機という位置づけなら kissDXはよさそうな感じです。

2006年7月 2日 (日)

WEB写真展

ワールドカップ準々決勝を見てしまい、予想通り午前中は寝てしまったのですが、午後も寝てしまったのは 想定外 でした orz

目が覚めたら夕方だったので (泣 、この前の写真をPCに取り込んでみました。

まだまだ下手っぴですが。。。

続きを読む "WEB写真展" »

2006年6月15日 (木)

久々にカメラマン

明日の晩から久々に写真撮りに行ってきます。
行き先は長野・新潟。とりあえずのメインは棚田です。

自転車は雨が降るとどうにもなりませんが、写真なら雨は雨で面白いのです。
もちろん大雨だと気分がめげるし、精密機械なので雨ざらしには出来ませんが。
カメラにレンズに三脚に。。。すごい重量です。
これ持っては自転車なんぞ乗れません イヤホントに。

それ以外にもいろいろ、美味しいものや温泉も待っています ^^
月曜も休みもらっちゃいましたので、日本vsクロアチア戦はお宿で応援です。
いやぁ 楽しみだ。。。

   
恥ずかしながら過去の作例です。
2005006_12
2005006_28

2006年5月26日 (金)

銀塩の行方

今日の朝刊に「フィルムカメラ 風前の灯。ニコンに続き~」なんて記事があった。
見出しだけ見てついにキヤノンも撤退?と早とちりしてしまった。

記事の内容は、キヤノンの社長の発言として「需要がある限り販売は続けるが、新規開発はたぶんしない」というような内容。
正直言って、撤退するならニコンより先か、と思っていたので、個人的には頑張ってるのかなという感じ。まぁ、ニコンも完全撤退はしていないけど。

   
カメラ屋の店頭を見ても、いまやデジタル一眼が主役で、銀塩カメラはどこでも隅っこのほうで寂しそうにしている。カメラ雑誌もほとんどがデジタルの教科書と化している感じ。
写真という趣味の世界が世の中にある限り、写真屋が絶滅することはないと思うが、問題はフィルムを現像してくれる写真屋がなくなってしまわないかというところにある。

   
行きつけの(最近はちょっとご無沙汰 ^^;)の写真屋もフィルムの利用客が激減しているそうだ。まわりでも写真屋やDPEの受付所がバタバタと閉店しているらしい。
僕は目利きでもなんでもないので、銀塩とデジタルの写真の違いなんてそうそうわからないと思うが、フィルムのほうがなんとなく肌に合う。単なる思い込みですけどね。

もうしばらくはメインはフィルムで頑張ってみようと思う。ただブログを始めて夙に思うのは、WEBに即アップロードできるようにしたいなぁ、ということ。
サブ機はデジタルにしてみたいなぁ、なんて少しは思っているが ^^;
KissNのような入門機でもけっこうするからなぁ。カメラも自転車も、なんて考えたらお金がいくらあっても足りないのです(笑

2006年4月27日 (木)

空から撮りたい

報道ステーションでシリーズ化になりつつある?空撮の特集があります。今日はその第4弾「吉野山の千本桜を撮る」が放映されました。

空撮といっても飛行機やヘリからではありません。矢野建夫さんというカメラマンがモーターパラグライダーを操りながらハイビジョンカメラで低空からまさに舐めるように映像を納めていきます。

去年、第1弾「知床」特集を見てホントに衝撃を受けました。
今まで見たことのないアングルからの映像も素晴らしいですが、
パラグライダーからなのに画像にブレがないのです。
もちろん全てがそうとは思えないし編集はしてらっしゃるのでしょうが、滑らかに回るカメラワークはまさにプロの一言でした。

それから「錦秋の京都」「厳冬の白川郷」と放映されて今日の「吉野山の千本桜」 朝から楽しみにしてました。
ホリエモン釈放で延期になっちゃうかもと心配しましたが無事見ることが出来ました。

やはり桜の花は日本人の感性にあうんでしょうか。今日も画面に釘付けでした。
特に夕暮れの山桜を山の上から下に向かって見下ろしたショットはもう 感動 でした。

カメラを少しかじった者として、あのアングルで撮りたい!マジで!
いやぁ いいですよぉ。ご覧になったことがない方 是非次回どうぞ。

2006年3月27日 (月)

昨今のコンデジ事情

自転車乗りのお仲間であるあかさんが新しくコンパクトなデジカメを買われました。
コンデジには珍しいと思うのですが、28-200のワイドな焦点距離で実物もかなり小さそうです。

なにより価格を見てぶったまげました。僕が使っている300万画素・3倍ズームと値段が変わらん!
うちのは購入してそろそろ5年のかなり型落ちくんですが、科学の進歩はすごいもんだと実感(おおげさ ^^;)

かなり魔王の囁きがあったんですけど、
PC上で見るだけなら今ので充分だから。ね。
と言い聞かせて退散いただきました (笑

実は今でこそ自転車三昧していますが、それまではカメラを担いであちこち行っていたくちで、機材や旅費やらにかなり注ぎ込んでいました。
たぶんそれを自転車に投入すりゃあ、ピナレロでもコルナゴでもなんでもこんかい!って感じですかね。

いまはたまーに出番が回ってくるくらいで、普段は防湿庫でおとなしく寝ていらっしゃいます。
だって、自転車と一緒に連れ出すにはかさばるし何より重いっす。
でも思い入れもあるし、まだ手放す気にはなれないのです。

春だし、花もいっぱいだし、カメラ担いでお出かけしようかなぁ。