« 桜を愛でるポタ2016 | トップページ | 桜を愛でるポタ2016again »

2016年3月27日 (日)

秩父34ヶ所 §6

P3270256

本日は山二つ!





P3270213

前回は三十一番まで行ったはずでしたがやり直してくださいとw
小鹿野市街にデポしてちょこっとバス移動です。





P3270214

長閑な村道をぽてぽて歩く道すがら、牧場を覗き込んでいたら山羊さんが寄ってきた!





P3270216

たらちね観音ではにゃんこも寄ってきた♪ もてるぜw





P3270218

傍らの大日堂に収められていた道祖神。
赤い前掛けが余計に味を出しているなぁ。素朴でよいよい。





P3270220_2

P3270221_2

山中の怪しげな廃屋。かと思ったら源泉です。
40リットル100円でお買い求めいただけますよ。





P3270223

そして到着。三十一番 観音院です。
本堂は遥か300段の階段を登らねば!





P3270224

頑張って登っている図w





P3270225

大岩に寄り添うような本堂を伏し拝みます。
しかしよくこんなところ見つけたものです。





P3270230

今日はもうちょっと奥、奥の院まで参ってみましょう。






P3270226

P3270228

華美でも豪奢でもないけれど、心落ち着きますね。
お天気が良かったらこういうところでのんびりお茶したいのです。
が先は長いので次行ってみよう。





P3270233

来た道を戻って小鹿野市街へ。
辻には庚申様や地蔵様がちんまりと座っておられます。
お見かけしたら手を合わせて札所の旅は続きます。





P3270234

「巡礼道」の札看板もすっかり見慣れました。
これみるとほっとしますのよ。こっちでいいのね、とw





P3270238

時間はそろそろお昼。
小鹿野といえばここ以外にはない! 鹿の子さんです。
鹿の子といえばこれしかない。





P3270237

わらじかつ丼。ドンっ♪
お肉自体もいいものですが、下処理が実によろしいのです。
筋は全くないし、下味の胡椒が効いています。そして油が良いのかお腹にもたれない。
おっちゃんにはここ重要です!





P3270242

がつんっと補給し、さらに途中の和菓子屋に緊急ピットインなどもありましたが、午後の部スタートです。また山越えですが、まずは旧道をぽてぽて。





P3270243

途中の地蔵堂。屋根があるとお地蔵さまも安心ですよねー。





P3270244

こちら、金精さまでございます。
言わずと知れた、あれでございます。あやかりたいあやかりたい?






P3270245

集落の先から古道が分かれています。当然左へ。
澤に沿って伸びる小道を遡っていきます。





P3270246

木橋がいい感じ。
この後グレードアップしていき、最後のは朽ち果て寸前でしたw
営繕はしてほしいけど、お役所仕事でやられると雰囲気ぶち壊しなケースもあるからこのままでもいいんじゃね?という思いもあるなぁ。





P3270247

前回ほどではないけれど、渡渉も数か所。





P3270249

森林浴気分でゆるゆると峠へ。
いやぁ、気分良いです。





P3270255

最後は沢筋から逸れてグッと登って …





P3270257

大日峠に到着しました。
名前からして祈りの道ですよね。そして石仏が巡礼者を見守ってくれています。
いったいどれほどの人がここを通り過ぎたのかな。





P3270261

峠からは杉林竹林を通り抜け、ようやく里の集落へ。
こうやって里から里へ歩き続ける旅っていいやねぇ。





P3270263

途中にはもうすっかり希少となった茅葺屋根の民家。
嬉しいことに現役なのでした。





P3270264

そして三十二番 法性寺
山号が般若山、般若のお面もあったけれどこのあたりの地名も般若らしい。
お寺が先か地名が先なのか。。。

そしてまたまた階段を登って本堂へ。





P3270276

いつもながらに造りが素敵なお寺さん。
ここにも奥の院があったのだけれどえらい山の上なのでw
遥拝所で手だけ合わせて、すぐ上の観音堂へ。





P3270266

P3270272

P3270273

少し高台にあるお堂からは本堂の屋根が見えます。
石畳の曲線が柔らかくってよいね。





P3270269

とても優しい表情をされた仏様。チェック柄の前掛けがおしゃれさんだ。





P3270280

2番だけですが本日はおしまい。
あとはバス停まで里道をぽたぽた。
途中で魔界への誘いを辛うじて堪えたことなんてありません。あれは夢www





P3270277

P3270284

P3270286

道端の花も石像もいいね。秩父いいね♪
ぷらぷら歩いて松井田のバス停まで。で帰りのバスを待ちます。





P3270290

あや?空模様が …
間一髪バスが来て助かりました。バス GJ!





P3270291

車に戻るともうけっこう本降りに。
仏様の配慮に違いありません。たぶんね。





P3270285

さてあと二番を残すのみ。まぁまた峠が待っているわけですがw
ぽたぽた歩いて結願を迎えるのだ。




« 桜を愛でるポタ2016 | トップページ | 桜を愛でるポタ2016again »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜を愛でるポタ2016 | トップページ | 桜を愛でるポタ2016again »