« 秩父34ヶ所 §2 | トップページ | 秩父34ヶ所 §4 »

2016年2月28日 (日)

秩父34ヶ所 §3

P2280214a

いよいよ佳境に差し掛かってまいりました。



P2280176a

前回に引き続き秩父市街地から再開です。
まずは十七番 定林寺から。何とかいうアニメで有名らしくそれ系の絵馬が売ってました。
残念ながら見ていないのでよくわからないけどw





P2280178a

あいかわらず興味に任せてふらふらと。
こういう踏切も都心じゃまず見ないよねえ。





P2280179a

十八番 神門寺
小さいお堂ですが彫刻などは見事です!





P2280185a

十九番 龍石寺
この次は荒川を対岸に渡ってしまうので市街からおさらばです。





P2280182a

江戸古道のなかでも風情のある長尾根道を辿っていきます。
お天気上々、風もなくお遍路日和ですなぁ。





P2280187a

裏路地風をうねうねと抜け、荒川を渡って





P2280191a

二十番 岩之上堂
荒川の河岸段丘っぺりに立っています。
梅や桜とお堂の屋根って実に合うわぁ。



P2280192a

詣でてから境内の東屋で小休止させていただきました。





P2280194a

二十一番 観音寺
こうして見比べるとお堂の建築様式もいろいろありますね。

順打ちなら二十二番なのですが、明治になってから移転したそうでそちらから行くと江戸古道が通れません。ってことで二十三番を先に打ちましょう。





P2280198a

「巡礼道」の札がないと作業道かと見間違いそうなw
春に向けて整備されるのでしょうが、竹があちらこちらで倒れていてアスレチックちっくなのでした。急登をしばらく上がって尾根に出ると





P2280199a

うーむ 眺め佳し♪
荒川を挟んでまさに盆地というのがよくわかります。





P2280202a

尾根道はご覧の感じ。歩くの気持ちいい!
葉を篩った枝越しに抜ける眺めは冬ならではです。





P2280204a

十三権者の地蔵像
実に味があります。さて二十三番はもうすぐです。





P2280208a

二十三番 音楽寺
音楽関連の聖地なんでしょうか?





P2280209a

さて、飛ばした二十二番に戻りますよ。
尾根から下りる道はめっちゃ急でした。お遍路転ばしw
で二十二番 童子堂。茅葺の仁王門にお茶目な仁王様が ^^



P2280210a

こちらは本堂。
こちらに掛けてあった霊験記がなんか酷かった 坊さん逆ギレとかあかんやろ^^;





P2280211a

もとの遍路道に復帰。二十三番からの降り口がここ。ここも歩いてみたいね。





P2280214a_2

なんとも風情のあるお遍路道。素敵すぎる♪





P2280217a

二十四番 法泉寺
先達がお祈り中でございまする。





P2280219a

P2280222a

さてラストスパートといきましょ。
お遍路道は相変わらず自然のなか。んー 楽しいのよ。





P2280227a

もうじきに着きそう かな?





P2280228a

二十五番 久昌寺
本日はここまででございます。謹んでご朱印を頂戴しました。





P2280232a

浦山口駅まで歩いて秩鉄で戻ります。
まぁ今日もよく歩きました。お遍路道も素敵で満足なのでした。






« 秩父34ヶ所 §2 | トップページ | 秩父34ヶ所 §4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秩父34ヶ所 §2 | トップページ | 秩父34ヶ所 §4 »