« 出雲紀行 ~一日目 | トップページ | 出雲紀行 ~三日目 »

2015年11月22日 (日)

出雲紀行 ~二日目

Pb220637a

世界遺産を堪能。


11/22

Pb220621a

今日は石見銀山へ。
たくさんの採掘跡があるそうですが、通常公開しているのはひとつだけ。
それとは別に人数限定の公開ツアーがあるのでそちらを予約。
その前に銀山のおひざ元、大森の街並みを散策です。




Pb220625a

早朝だったので観光客もほとんど見かけず、猫ものんびり。




Pb220642a

石州瓦が葺かれた平屋の街並みが美しいね。
小一時間ほどそぞろ歩いてから世界遺産センターへ移動です。





Pb220651a

なんちゃら探検隊ご一行 じゃない(笑
ヘルメットに長靴、懐中電灯で武装していざ!





Pb220652a

ここが限定公開の大久保間歩(まぶ)。銀山で最大クラスの規模だそうです。
間歩とは江戸時代までの坑道を指す言葉です。





Pb220664a

坑道保護のために設備はほとんどなし。
照明がないと自分の手も見えません。人力で掘ったなんてほんと驚きです。





Pb220666a

そして、洞窟といえばセット。多すぎやって ^^;





Pb220671a

公開されているのはほんの一部だけでしたが、丁寧な説明付きで往時を偲ぶことができました。通り一遍見て通るだけだとわからないことも多いですしね。





Pb220677a

Pb220678a

Pb220676a

Pb220675a

最後に案内されたのが釜屋間歩。
ここでは坑道内ではなく銀を精錬していた遺構を見れました。
当時は仕事場兼住居だったそうです。山のなかですし、結構大変な暮らしだったんだろうなぁ。





Pb220685a

帰りにもう一度通った大森の民家先に置いてありました。
なんというか、センスあるねー。





Pb220687a

思ったほどには人出はなくってのんびり楽しめた世界遺産でした。
(それはそれで地元は困るのかもしれないけれど)





Pb220692a

出雲市に戻る車窓からは日本海が。海 いーねー。
とりあえずホテルにチェックインしてからまた出かけます。





Pb220696a

一畑電車、通称ばたでんで松江まで。





Pb220701a

宍道湖を望みながらの車窓とか、のんびりした車内の風景を楽しみながらがたごと電車は進みます。





Pb220706a

狙っていたのは夕焼けで真っ赤に染まる車窓だったのですがちょっと残念 ^^;





Pb220711a

それでも美しい夕映えを拝めて満足です。
このあとは来た道を戻って出雲市泊。明日は出雲大社へ!

« 出雲紀行 ~一日目 | トップページ | 出雲紀行 ~三日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出雲紀行 ~一日目 | トップページ | 出雲紀行 ~三日目 »