« JapanCup2015 | トップページ | 出雲紀行 ~一日目 »

2015年11月 8日 (日)

晩秋の妻有へ行ってみた

Pb080662a

秋景色と鉄分補給な旅なのです。

11/7

本日は鉄分補給を満喫day♪

Pb070561a

六日町に車をデポして北越急行線で犀潟を目指します。
北陸新幹線開通で収入の柱を失った同線、あれやこれやで集客に努めておりますが、今日もその一環「超低速スノータートル号」が走ります。



Pb070571a

犀潟駅でしばし時間をつぶしたところへ滑り込んできたのがスノータートル号。
営業運転ではありませんので、その名のとおりトンボにも負けそうな速度で走ってみたり、トンネルをこれでもかと堪能できたり。お楽しみてんこ盛りな列車なのです。



Pb070581a

亀らしくノッタリ進む列車でいただいたのは予約していた鱈めし弁当。
棒鱈が美味しかった。ごちそうさま。



Pb070586a

そして、かの有名な鍋立山トンネルを堪能。
どんなものなのかは検索してみてくださいませ。



Pb070587a

こういう機会でもないとじっくり拝めません。
専門家である友人もさぞかし満足であったことでしょう。
このあともトンネル内をのっそり走ってみたり、待避所で風圧体験などテツでなくとも楽しめるイベントでございました。今回はお試し的な性格も含んでいたものと思いますが、定期的な人気イベントに発展するといいですね。



Pb070605a

鉄分を十分に吸い上げた後は妻有の秋を堪能するのだ。
今宵のお宿 民宿かくら さん。軒に干してある秋が素敵です。
到着後夕食までの腹ごなしに近所を散歩してみましょ。



Pb070609a

観光地でも何でもないですが見事な秋景色に感嘆です。



Pb070618a

差し込む斜光が色づいた葉を照らして、んー いいじゃないか!



Pb070619a

高台からの里の風景も実に豊かです。
さて、そろそろお宿に戻りましょう。



Pb070638a

ごはん前に。なんと五右衛門風呂!
きちんと薪で沸かしています。こいつも堪能させてもらいました。



Pb070640a

Pb070641a

夕食は華美ではないけど滋味深い。そして蕎麦はへぎそばでしょうか。
熱燗を頼んだら白湯が供されたのはご愛敬(笑

ご飯を頂いたら程なく夢のなか。子供みたい ^^;




11/8

Pb080643a

あけて日曜日。ちょっぴり雨模様ですがそれもまた雰囲気が良いものです。
朝ごはんもしっかりいただきました。このかやくご飯 栗ご飯だったかな、美味しかった!



Pb080662a_2

久しぶりに荻ノ島の環濠集落に足を向けました。
まだ茅葺の民家がちょこちょこ、観光用ではなく現役なのが素敵です。
維持にはいろいろと大変かと推察できますが残ってほしい風景ですよね。



Pb080665a

これはお漬物になるのかなぁ。生活の匂い。



Pb080668a

Pb080679a

冬を待つばかりの棚田を巡りつつ



Pb080684a

Caféで熱いコーヒーなど喫しつつ

妻有の秋 堪能です。四季折々に訪れてみたいものです。



Pb080686a

思い付きで決めた秋のプチ旅。また行ってみたいものです。

« JapanCup2015 | トップページ | 出雲紀行 ~一日目 »