« 凱風快晴 ~ 白山アタック二日め | トップページ | 雨の秩父往還 »

2015年8月23日 (日)

ツールド妻有2015

Dscn3909a

ジンクス破れるw でもやはり楽しいイベントなのでした。
いまや自転車系のイベントで唯一といっていいほど参加しているのがツールド妻有。
そして今年は3年に1度の越後妻有トリエンナーレ 大地の芸術祭開催の年、それに合わせて参加者がお揃いのジャージで走るイベントとなります。自転車イベントそのものも芸術、という位置づけですね。まぁ そんな小難しいことは置いておいて楽しみましょう!

Dscn3894a

8/22

前日受付で土曜日に現地入り。いつもエイドステーション(以下、AS)でおそばを提供いただいている「清兵衛」さんにお邪魔してきました。




Dscn3893a

お蕎麦などつるっといただき





Dscn3895a

Dscn3902a

受付に向う道すがら、おなじみの鉢集落にある「絵本と木の実の美術館」で芸術鑑賞など。





Dsc_0437a

この日の天候は曇りで時折雨。明日はどうなることやら。
実はこの大会、雨が降ると完走♪ なんてジンクスが出来つつあります。
とはいえ、極度の練習不足でジンクス以前に玉砕する可能性のほうが高そう ^^;

いつもの旅館で夕食をいただき、さくっと休みます。
今回が6回目ですのでコースの厳しさも身に沁みています。もうなるようにしかならんので半分悟りの境地ですわw





8/23

Dscn3908a

一晩明けても小雨模様。旅館のばあちゃんは雨はあがるよ、と言っていましたがさてさて。年々参加者が増えるこのイベント、スタートも10人区切りなので最後尾は30分以上遅いスタートです。何百人も一斉スタート、なんて無理だしこのあたりは主催側も頭が痛い問題なんでしょうね。

まぁ行けるところまで頑張ろう、ってことで7時20分スタート!





Dscn3912a

最初は清津川の河岸段丘沿いに東進、折り返しの西田尻がASです。
ここまでが40分少々。まだ最初なので体力もまだ大丈夫。というかここまででだめならリタイヤ必至ですねw グレープフルーツやらプラムなどをいただいてさくっと次を目指します。




Dscn3915a

今度は川の対岸を西走、途中から山の中に入っていってリゾート施設のあるベルナティオASへ。ここまではたいした登り勾配もないのですが、全体図から言うとまだまだ前座段階。ここから先、今までとルートが変更になっていましたが、どちらにしても信濃川を渡っていよいよメインイベント開始の予感が。





Dscn3916a

ここを左折、まずはASのある鉢集落までが淡々と勾配5%前後。そのあとの真田・名ヶ山界隈は10%オーバー連発で脚と精神を削られます。しかもこのあたりで雨がポツポツ…ジンクス発動か、はたまた雨に流されるのか ^^;

名ヶ山の先はしばらく下り基調で楽なのですが、坪山峠の手前で1箇所勾配が急になるところがあるんですよ。そこまででもう脚は乳酸で溺死しそうなのにw
あ ヤバい … そう思ったときには攣ってました。しかも脹脛ではなく膝の内側上辺り。
たぶん大腿四頭筋だと思いますがこんなところ攣ったことないです。瞬間もう動けんって感じ…10分くらいは痛みも引かなかったのですが、何とか和らいできたのでリスタート。
原因はいろいろあるそうですが、どう考えても走りこみ不足です ^^;





Dsc_0439a

Dsc_0441a

幸い激坂はなく、なんとか坪山峠のASへ。
ここはなんといってもパエリアと冷や汁。食への拘りは群を抜いてるんじゃないでしょうか。本当かはわからないけれどパエリア用のお米は12升炊いたとか。
年に一度のビジターにここまでしていただけるなんて感謝の一言しかありません!





Dscn3926a


坪山からは今まで稼いだ高度を一気に吐き出すように下りに下って、それから南下して松代を目指します。その途中にあるのが芋島(おのしま)のガリガリ峠。登りきるとガリガリ君が待ってるんです。ほら …





Dscn3924a

 … 

いつも手配していた保冷車が故障、代替が見つからず (泣
次回はぜひ復活を期待しています!

芋島から少し走れば孟地(もうち)。今回はいつもの農舞台ではなく孟地にある廃校がASになります。
孟地集落では毎年私設のASがありました。昨年はこちらで雨宿りも。
今年はすぐ近くがASなのでないかも。。。

Dscn3927a

おー 営業中。
「今年はないかもと思ってましたよ」と告げると「出しますよ もちろん!」
いやぁ 嬉しかったなぁ。個人的にはここで出してくださる西瓜が一番美味いと思っています。それにお腹に優しいから、と常温の麦茶も。気遣いに感激、最敬礼してすぐ先のASへ。

とここでもう12時40分。足攣りもあったのでフル完走は諦めました。人間身の程を知れってねw。もう少し鍛えて出直しなさいってことです。
でゆっくりお昼を。おにぎりにお漬物。そしていつものお蕎麦、清兵衛さん。

お店でいただいたのも美味しかったけれど、やはりここで食べると数段上に感じてしまいます。ご馳走様でした。





Dscn3928a

ショートカットももう3度目。ベテランですw
妻有地方、平地はありません。ショートカットといえども辛い道です。

何とか乗り切ってフルコースと合流、そして最後の難関 五十子平(いがごたいら)へ。





Dscn3931a

ここは緩いパートですが、距離2km弱で平均勾配は10%。
100kmを走ってきた自転車乗りにとってはキツイのよ。

行けるところまで行くべ、と登りだしたけれど、勾配が急になると …
あっさり来ちゃいました 脚攣り。でまたも10分間悶絶ww
こりゃあかん、と後は押しましたです。





Dscn3933a

Dscn3934a

でフルコースを走ってきたお仲間を出迎えます。
昨日はショートカットの方法をあれこれ練っていたのに、さすがです。
というか当初の方針がぶれなかったわたしがすごいのでしょうか(違う

ちなみにきーじぇいさんは先に行ってしまった様で。
あの人、走れてなくってノーマルクランクだっちゅうに… 異星人 ^^;





Dscn3939a

五十子平からは下り基調で最後は国道の旧道をうねうね走りぬけ、ようやくスタートゴールのミオン中里が望めます。
今年はずっと曇りで気温も上がらず走りやすかったです。鍛錬不足にはありがたい話なのですが、妻有はかぁっと晴れてASごとに冷水を頭から被らなきゃ堪らん状態があっているような気もします。贅沢というか身の程知らずですなw





Dscn3941a

最後はこの道を走り抜ければGoalです。レッドカーペットが欲しい ^^;





Dscn3942a

そして、16時32分 Goal
理想の終幕ではなかったけど、やっぱり妻有は面白い!

雨が降ったら完走、のジンクスは潰えてしまいましたが、隔年で完走、のジンクスが生まれました(笑  次回は頑張らねば。

いつも大会を支えているスタッフの皆様、ASを運営している集落の皆様、沿道で声援してくれる皆様、ほんとうにありがとうございました。
そして今回ご一緒してくれたFLの皆様、また参加しましょう!

« 凱風快晴 ~ 白山アタック二日め | トップページ | 雨の秩父往還 »

コメント

お疲れさまでした!
しっかりブログネタを押さえてるところが、すばらしい‼

今回も宿の手配、前日の観光案内とお世話になりました。
新たなジンクスに向けて、来年は120km完走目指して今日から頑張りましょう(^^)/
またよろしくお願いします。

>よっちさん

毎回目標は完走、なのですけれどねw
今から頑張ると続きませんのでお手柔らかにお願いします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 凱風快晴 ~ 白山アタック二日め | トップページ | 雨の秩父往還 »