« 突発 冬の鉄旅 | トップページ | 桜を愛でる緩行ポタ »

2015年3月14日 (土)

春はもうちょい先 ~ 日光赤薙山

P3140059a

里ではもうすぐ桜の季節。ささやかな抵抗で雪山に遊んでもらってきました。

P3140003a

直前まで行先を迷いましたが日光方面へGo!
日光道から見えるのは女峰山? 青空に雪山 テンションアーップ♪




P3140004a

霧降高原の駐車場に車を置いて 9時半出発です。
山頂までは約700mの標高差。頑張ろう …って一番へたれなオラが一番頑張らないと ^^;




P3140008a


取り付きあたりは昔スキー場だったらしいです。少し登ると斜度が急になってきたな。いわゆる中級者ゲレンデ風な登りになりました。





P3140011a

この辺りまではノーアイゼンでしたが、後ろを振り返ると げっ 急だよ。
危険を察知wして脇にあった階段に逃げた…つもりでしたがチョイスをミスった。





P3140015a

階段も斜度は変わらなかった(笑 しかもけっこう凍結していてヤバかったです。
気合いでなんとか終点まで。この時点でひぃひぃです ^^;





P3140013a

ゲレンデ組はこんな感じ。滑落したら振り出しに戻るから気が抜けませんね。
ところが隊長夫妻は今日もアイゼンレス!格が違いますわぁ。

とりあえずのピーク、小丸山からは折角担いできたのでとスノーシュー装着。
ここから先は稜線上ぽくなっているので雪も表層が氷ぽかった。
幸運にも晴天でほぼ無風。気象条件にも助けられて順調に高度を稼ぐことができました。





P3140020a

そして目指すピークが目前に♪ でもこの先は痩せ尾根と林帯の急登が待っているのです。山は甘くないw

痩せ尾根の手前でスノーシューをデポ、10本のアイゼン装着。
万全を期して最終アタック(笑  とはいえ痩せ尾根は写真撮る余裕なし。
幸い踏み出すのを躊躇するほどではなかった。でも凍結してたり荒れた天候だったら危険な場所ですね。

P3140023a

林帯の間を先人のトレイルを伝って上ります。
途中何箇所か斜度アーップのところがあり脹脛がピキピキいいそうでしたがなんとかねじふせW





P3140027a

P3140025a

出発から約3時間で山頂ゲット!今年初の2000m越えだ。
鳥居も標識も雪から頭だけ出して、ここはまだ春遠しだね。
時間も無いので今日は行動食でランチ。皆様手慣れたものですわ。




P3140031a

P3140037a

夏なら枝葉で効かない眺望もこの季節は別です。
男体山に女峰山。ここまで登った甲斐があったってことです。
ここから尾根伝いに女峰山まで行けるよう。だけど今日は自重w
さくっと降りますかね。





P3140040a

途中の難所。壁に見えました(笑
案外すらすら降りれたので大丈夫やな、と思ったとたんに滑り落ちたw
去年の燧から進歩してないわ 反省 ^^;





P3140043a

往路は余裕が無かった痩せ尾根のショット。幅はあるので恐怖心は湧かないけど…



P3140046a

右側はすり鉢状に落ちてます。滑落したら戻れんわなぁ。
バランスを崩さないように通り抜けました。

痩せ尾根を抜けたら一安心です。心安らかに歩を進めます。
写真撮り撮り。これも山の楽しみですから。





P3140053a

山ガールとお付きのカメラマン www





P3140058a

いつもながら楽しい山行に感謝。仲間に感謝です。





P3140062a

そして雪山の締めといえば これしかないw
上部がもう少し緩かったら長距離滑降も可能だったのですが。
皆思い思いに滑って満足満足。





P3140060a

天候にも恵まれて雪山のしっぽを堪能できました♪
ご同行の皆様 ありがとうございました。





P3140066a

おまけ

ビジターセンターでいただいた抹茶アイス
白玉にアズキにウェハース。器も素敵でございました。

« 突発 冬の鉄旅 | トップページ | 桜を愛でる緩行ポタ »

コメント

いや~ ホント天気に恵まれましたね~

改めて写真でみると結構な斜度ですなww

階段アプローチを見事に滑り降りたら「レジェンド」と称されたのに・・・

次は女峰山かっ!

さすが会長!
良い山業に勤しまれたようで…ww
そのうち、本業で楽しみましょう

>隊長
あそこを滑り落ちたら間違いなく伝説ですな。いい奴だったのにってwww
女峰山はかっこういいっすよね。ただアプローチが長そう ^^;

>らんたさん
本業? あ パスタ食って温泉ってことですよね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 突発 冬の鉄旅 | トップページ | 桜を愛でる緩行ポタ »