« 雨は吉兆 ~ ツールド妻有2014 | トップページ | 【Beyond the Peaks】 中房温泉~三股縦走1日目 »

2014年9月 6日 (土)

リハビリ登山 ~ 日光白根山

Dscn3092a

長期放牧後の山はキツイねー orz

毎年のことですが9月に夏休みをいただいています。ただ今年はまったく山に登れていないので、ぶっつけ本番はリスクがありすぎ。とりあえず現状を把握して身の丈にあった山行を考えないと… ということでお試しの山。

天気がなんだか怪しげではありましたが、天気予報とか天気図とか総合すると北側は崩れが遅いかな、と。前々から行ってみたかった奥白根をターゲットに。

早朝3時に起床。これだけで偉業w 関越道沼田ICから丸沼方面へ。
上がるに連れて雲がとれてきた。けっこういいかも。
菅沼から上がろうかとも思いましたが、結局易きに流れてゴンドラ乗車(笑




Dscn3089a

予想ずばり♪ 山頂までもってくださいねー。
ゴンドラで一気に標高2000mにワープ。文明の利器って素敵であります。




Dscn3094a

登山口はここから。奥白根も日光二荒山神社の境内だそうです。広っ!
神社に道中安全をお祈り、8時前出発です。




Dscn3096a

鹿避けの柵を潜って進みます。
鹿が悪いわけではないのですけれど、日本全国鹿の食害は深刻ですね。




Dscn3097a

しばらくは林間の道を。木漏れ日が心地よいな。
その先は少し急になって分岐に辿り着きます。右は白根南面を巻くように上がっていく道。
一般的にはこっちだそうですが、白根といったらやはり岩場の急登! と思い込んでいる僕は左折。弥陀ヶ池経由で進みます。リハビリって言っているのに血迷ってますなw




Dscn3099a

ハンゴンソウがあちらこちらで最盛期。ほんと目立ってました。
あと白くて小さいお花、なんだろうかと思っていましたが、帰宅して調べてみるとカニコウモリだったそうです。写真撮り損ねた ^^;




Dscn3101a

遊歩道との分岐を過ぎると「急坂」と書かれている斜面を上がっていきます。

Dscn3103a

コケ類も急登に喘ぐ身にとっては一服の清涼剤です。
森と苔と木漏れ日と ・・・ こちら側はあまり人が来ないのか静かな山旅。




Dscn3104a

いやぁ それにしても登らされるわw
でもここはまだ山頂直下の前菜なのです(笑




Dscn3107a

40分ほど斜面を詰めると少し平坦なところに出ました。
この青空♪ 気持ちよかったなぁ。




Dscn3111a

弥陀ヶ池の上を掠めるように南進。
少し上がるとようやく頂上が見えてきました。
山頂駅から望んだ山容とは全然違ってますがゴツゴツです。




Dscn3115a

高度を稼いで、振り返ると おーー♪




Dscn3113a

遥か燧ケ岳。こう見ると典型的な双耳峰ですよね。
燧から見えた白根は山頂辺りだけポツンって感じだったのに、こちらからは山裾の辺りまではっきり視認できるのね。




Dscn3118a

下を見ると弥陀ヶ池がもうあんなところに。
ゆっくりでも登ってるなぁ、と実感できる瞬間です。




Dscn3119a

ただまだまだ先は長い。つうか急すぎるw




Dscn3116a

所々に咲いている花にも助けられながら歩を進めます。
それにしてもどうしてこんな形状になったんでしょう。トリカブトって不思議。




Dscn3123a

街ではまだまだ夏だけれど、高山は日々秋が深まっているんでしょうね。
こういうのみると食べたくなるのは(笑  さすがにこれは甘くなさそう。




Dscn3124a

こういう石ゴロゴロでざれているところってホント苦手やわぁ。
落石など起こさないよう慎重に足を運びます。




Dscn3128a

この辺りが最後の頑張りゾーン。
足許が不安定なところより、ガチっと岩!なほうが安心できる(笑
まぁ きついのはどっちも変わらないけどね。





Dscn3130

そろそろ登りも尽きてきた辺りで振り返ります。
しんどいけれど登ってきてよかったぁ、と素直に思えます。





Dscn3131a

登りきったら山頂、と思っていたら。
リアルピークはあちら側のようです。




Dscn3132a

いっぱーい ^^;
制限オーバーじゃないの?
じゃぁ そっちに行きますかね。




Dscn3137a

山頂は撮影の順番待ち ^^;




Dscn3141a

そういうのに興味がない僕は隙を見てパシャリ。
お天気ももってくれました。感謝感謝。





Dscn3136a

もう一つ奥にあったピークにも人たくさん。
その向こうには中禅寺湖と男体山。
あー 気持ちいい。でも積雲がもくもく ヤバそうなw

帰りは南面ルートで下りる手もありましたが、ちょいと遠回りして五色沼を廻ってから帰ることにします。山頂は混雑していたので少し歩いて中禅寺湖が見下ろせるポイントでお昼。




Dscn3147a

目の前で遊んでいる鳥さんを見ながら、いつもの即席雑炊。
疲れていても喉を通りやすいし、標高の高いところでは温まれるし。




Dscn3145a

まだまだ賑やかそうな山頂に別れを告げて五色沼へと下っていきます。





Dscn3149a


しばらく下ると五色沼が視界に。ここって元は火口なのかな。
って、あそこまで下るのか ^^;
この先も「急坂」とありましたが確かに。
自転車と違って登山は下りがたいへんです。苦手ですわ。
かといって得意なものはないのだけれどw




Dscn3150a

Dscn3153a

ちょこちょことハクサンフウロ
そして鹿さん

そんなこんなで各駅停車で下っていきます。
急行だったら脚壊れちゃうw


Dscn3154a

下りきったところがハンゴンソウのお花畑でした。
奥の赤い屋根は非難w 避難小屋。




Dscn3161a

五色沼に着いた頃にはすっかり曇り空に。
まぁ雨はまだ降らないと思いますが、休憩もそこそこに帰路につきます。

ここから弥陀ヶ池へ抜けるには尾根を一つ越えないといけません。
短いですがまたここも急 ^^;
おまけに登る手前で「お先にどうぞ」っておっしゃったパーティに煽られるw

まぁ煽っていたわけではなく、僕が遅いということなのですけれど。
で不必要に頑張ってしまった結果、途中で息切れ(笑




Dscn3162a

そして弥陀ヶ池
池と沼の違いってなんだっけ?

この先、前菜の急登を今度は下ります。
途中から自然散策路へ入って山頂駅へ。もうかなり脚が … ^^;





Dscn3166a

ここって冬はスノーシューできるのね。
雪質よさそう。でも寒いだろうねー。




Dscn3167a

燧にお別れのご挨拶
そして、14時半無事に山頂駅到着。いやぁ 休養明けにしちゃけっこうガッツリだったかも。




Dscn3168a

これだけの高低差を結んでいるのだからゴンドラって偉大♪
しかし想像以上に劣化してるなぁ。お休みの計画はどうしようかな。
行きたかった白根の山頂を踏めて満足。だけれども今の状態だとあまり無理は望めそうもないです。身の丈にあった山行を考えないとねえ。






おまけ

Dscn3170a

片品の温泉で汗を流したあと、沼田といったらここしかない!
密かに聖地と崇めている焼肉屋さんでガッツリ補給して帰宅の途につきました。










« 雨は吉兆 ~ ツールド妻有2014 | トップページ | 【Beyond the Peaks】 中房温泉~三股縦走1日目 »

コメント

お疲れ様でしたー。
上から見下ろす湖とか池&沼って魅力を感じるので、ここは来年は行きたい! と思ってたですが、
読んでるだけで脚が痛くなってきました(><;;
普段から歩いて少しマシな脚にしておかないと!!  
それにしても鹿さん、ずいぶん近いですねー。

いい山ですね。
いきてー

事前の予報に翻弄されなければ、ウチも日光白根行こうかと思ってました。(笑)
今度、道案内お願いします。

最後までお天気もってくれてよかったですね~ヽ(^o^)丿
次回はぜひ菅沼から ^^v
なにかがでるとのうわさのある避難小屋~~~
非難小屋になってますぅ(笑)
「あおぞら」いつも気になるのですが、まだ入ったことがなくて ^^;
今度行ってみます ^^v

>く~ま~さん
眺望はいいですよー。こまめにハイキングしていれば登れると思います。
鹿さん、近くによってもけっこう暢気です ^^

>らんたさん
夏ももう終わりだし、そろそろ低山ハイキングも行けそうだね。

>隊長
山頂でばったり!とか期待していたのにw
またどこぞのお山でご一緒願います♪

>よしころんさん
非難小屋 www  きっと懇々と説教されそうな小屋ですか(笑
で、なんか出るんですか ^^;  泊まっても面白い、と思っていたけれど、もう行けないなぁ。

「あおぞら」 超絶に美味しいというわけではないけど、居心地がいいんですよね。
是非お立ち寄りくださいませ。

白根山もなかなかいいですね。
アプローチも車で一気に行けるし。自分も日光方面行ってみよう
10月の月例キャンプぜひ混ぜてください。
よろしくお願いします。
メールはGMAILへよろしこ

>潮せんせ
北側から登ると岩場ガシガシで面白いですよ。
紅葉時期もよさそうだし。

キャンプは突然決まるので(笑
連絡しますねー

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨は吉兆 ~ ツールド妻有2014 | トップページ | 【Beyond the Peaks】 中房温泉~三股縦走1日目 »