« リハビリ登山 ~ 日光白根山 | トップページ | 【Beyond the Peaks】 中房温泉~三股縦走2日目 »

2014年9月15日 (月)

【Beyond the Peaks】 中房温泉~三股縦走1日目

Dscn3226a

落し物を拾いにいってきました♪




毎年恒例の遅い夏休み。さてどこに行こうかな。
漠然とですが昨年歩いた折立からの先をイメージしていたのですが、今年は体調やら天候やらで夏場まったく山にいけませんでした。道の険しさやエスケープが取りにくいルート設定を考えるとちょっと厳しいかなぁ。
いろいろ考えて、結果一昨年果たせなかった燕岳からの先を目指すことにしました。
山小屋も適度にあるので日程を組みやすいのと、エスケープルートも多々設定できるので鈍った脚でも何とかなるかなぁ?まぁだめならまたチャレンジだね(笑
敬老の日の連休は微妙にずらして、日曜夜に安曇野入り。この日はしゃくなげ荘脇の登山者駐車場で仮眠しました。




Dscn3172a

9/15
バスで登山口である中房温泉へ。
ここで登山届けを提出して身支度を整えて、8時いざ出発!

Dscn3176a

前回も思いましたが、3大急登という名前と裏腹に登りやすい山道だと思います。
整備に尽力されている方々に感謝です。
テント泊仕様ではないけれどそれなりに重いザック。ルート上に極めて危険なところは無いけれど、なんでもないところで怪我してしまうのもよくあること。一歩一歩を慎重に高度を稼いでいきます。





Dscn3178a

とはいえ、まだ慣れない重さがつらい ^^;
これで荷物だけでも運んで欲しいなぁ。。。





Dscn3179a

第2ベンチまでは約1時間半。まぁまぁコースタイムどおり。
ちなみに今回の山行は通常タイムの1割増で計算しました。
それにしても3連休の最終日とあって下山者の多いこと多いこと!
場所によっては下りてくる人がまったく途切れずかなり待たされることも。
こちらも急ぐ登りではないのでいい休憩にはなりました。
あ 急げって言われても無理だけどw





Dscn3181a

11時前に富士見ベンチ。
富士どころか下界も雲が多いなぁ。





Dscn3183a

やがて登山道に岩盤が目立つようになってきました。
そして樹林帯もかなり背が低くなって、そろそろ森林限界かな。





Dscn3184a

Dscn3186a

そして合戦小屋までのカウントダウン。
これくらいのタイムなら嬉しいよねえ。あと1時間とかだとけっこう微妙な場合もあるものw
左手には大天井が見えてきました。槍さんもそろそろかなぁ。

11時半 合戦小屋到着。第2ベンチからちょっとかかりすぎ ^^;
さて、合戦小屋では外せない これ♪





Dscn3191a

Dscn3192a

西瓜! 冷えてま~す
甘いけどほとんど水分、そのなかに果糖やブドウ糖、ビタミンやカリウムが豊富ですから補給にも最適です。
そういえば今年は、枝折・妻有・そしてここ 西瓜に救われました ^^
あ 異常に西瓜好きなお宅でもご馳走になったっけw





Dscn3193a

Dscn3195a

Dscn3196a

Dscn3197a

樹木の背丈が低くなったからか、山野草も目立つようになってきました。
不勉強でなかなか同定も出来きませんが、見るだけで「よし もうちょっと頑張ろう」と思わせてくれる気がします。もちろん休憩の言い訳に不可欠w





Dscn3198a

そして きましたぁ。ファースト槍♪
後ろを登ってきた若い衆に「槍見えるよぉ」って教えてあげるともう大騒ぎ ^^
でも気持ちはわかるなぁ。心が浮き立ちますよね。





Dscn3203a

合戦小屋からしばらく上がったところが合戦沢の頭。
遮るものも少なくなって槍もご覧の通りばっちり♪





Dscn3202a

見上げると燕山荘。よしと思う反面、まだ登らないと。
まぁゆっくり行きましょうかね。





Dscn3205a

北側にもお山が望めるようになりました。
奥に聳えているのは鹿島槍かな?





Dscn3210a

Dscn3211a

Dscn3213a

ここまで来ると急登もようやく緩くなります。
眺望も効いているから、気持ちよく脚が進みます。
ただし速くはなりませんww





Dscn3215a

13時 ようやく燕山荘に到着~
主稜線上にあるので北側から西側が一望に見渡せます。
槍ヶ岳から水晶・野口五郎・そして燕岳。
今日はここまでだし、この景色を目にすれば疲れもすっとほどけるってものです♪





Dscn3218a

なにはさておき受付をして荷を置いたら補給補給。
お山はお腹が空くのです。
定番はやはりこれか。もちろん辛さチェックは欠かしません(笑
いたって普通のカレーですけれど、標高2600mで食べる。
それだけで美味しさアーップ♪

普通なら燕山頂も踏んでおくところですが、雲が多いし んーまぁいっか
お湯を沸かしてお茶を入れ、「岳」を読み耽る。贅沢な時間だわぁ。





Dscn3221a

夕方になったので外に出てみます。
稜線上はまだ雲が多いけれど、陽も差し込んできてる。





Dscn3226a_2

あっち行きこっち行きしているうちに、あら?
青空も出てきました。夕焼け見れるかも。
それにしてもここから見る燕山頂部はいつみても美しいなぁ。
西側にすっと山肌が伸びていて、這い松の緑と花崗岩の白 コントラストが抜群♪





Dscn3224

Dscn3231a

Dscn3236a

Dscn3238a

結局雲が厚くなって夕焼けは拝めなかったけれど、それでも暮れていく山稜の景色を堪能できました。これもまた贅沢な時間です。

燕山荘の夕食はハンバーグとお魚のダブルキャスト♪
こんなお山の上で、しかも美味しいご飯がいただける。ほんと、感謝です。
早起きして お山を登って ご飯を食べる …
自動的に眠気が(笑  まだまだ序盤戦ですから休めるうちにね。
ってことでおやすみなさい。

« リハビリ登山 ~ 日光白根山 | トップページ | 【Beyond the Peaks】 中房温泉~三股縦走2日目 »

コメント

Goodな写真をありがとう!!
表銀座~槍ヶ岳コース行きたくなってきたよ

>潮さま

槍もいつか! 足腰が立つ間に行っておきたいですねw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リハビリ登山 ~ 日光白根山 | トップページ | 【Beyond the Peaks】 中房温泉~三股縦走2日目 »