« 【Beyond the Peaks】 中房温泉~三股縦走1日目 | トップページ | 【Beyond the Peaks】 中房温泉~三股縦走3日目 »

2014年9月16日 (火)

【Beyond the Peaks】 中房温泉~三股縦走2日目

Dscn3288a

稜線歩き 楽しいっ♪

9/16

朝4時半起床。日の出見えるかなぁ、と思いましたが、結局雲が厚くてわからず。
今回は全日そんな感じだったなぁ。
そうとなったらバタバタする必要も無く、淡々と準備を済ませて6時半出発です。





Dscn3244a

まずは大天井に向けて。ここから先は未知の領域。
大きいワクワクと少しの心配。こういう気持ちは何時も変わらないな。





Dscn3249a

連休も終わって山はいつもどおり。
人口の騒音が一切ない、朝の静謐な尾根道をゆっくり進みます。
正面には大天井から槍穂高。右手には三俣蓮華 鷲羽 水晶 野口五郎 …
決して平坦ではなくアップダウンのある尾根道に少し手こずりながらも、気分はわくわく。
何度も「いいねー」「いいなぁ」と言葉が湧き出てきます。





Dscn3254a

ここをすり抜けられるだけの体系は維持したい www
相変わらずちょこちょこ登ってちょこちょこ下る、を繰り返して進んでいきます。





Dscn3256a

先はまだまだ長い!
正面に見える大天井岳に上って、そのまま左に流れていく稜線を忠実に辿っていかねばなりません。






Dscn3262

前見ても絶景、振り返っても絶景 ♪





Dscn3264a

歩き出して1時間、大下りの頭に到着。
槍を背景に記念撮影している女性、ヘルメットをお持ちなのできっと表銀座へ行くのでしょうね。そういえば前夜隣だった男性も初北ア挑戦でいきなり槍まで行かれるそうです。
先に出てきたにもかかわらず、このあと下りきったあたりであっさり抜かれてしまいましたw





Dscn3266a

稜線伝いなので、下ったら登る!
気分は昂揚しているのですが、こういうアップダウンって地味にダメージが蓄積しちゃうんですよねえ ^^;






Dscn3268a

ここまでは基本的に岩伝いな感じでしたが、足許をさほど気にせずとも歩けるこういう尾根道はほんっと素敵♪天空に延びる尾根道ですよねえ。





Dscn3270a

ここまでくると大天井岳も目の前に。
トラバースチックなルート、燕山荘から見ている分には滑落しちゃいそうで内心ドキドキでした。まぁ実際はそこまでではなかったのでほっ ^^





Dscn3271a_2

最後に少し鎖場を降りると喜作レリーフです。槍に向う喜作新道を開削したのが小林喜作さん、地元の猟師さんだったそうです。
そうそう、この鎖がちょっと曲者で、けっこうルーズ目に固定されている分、掴むと予想外に大きく動くのでバランスを崩しそうになりました。やはり鎖は補助程度に考えないとね。





Dscn3272a

レリーフから梯子を上ってすぐに分岐。ここから表銀座コースを離れて常念方面へ。
まずは大天井岳へのザレ場を登ります。





Dscn3274a

遠目とは違って幅もあり、喘ぐほどの斜度ではないので、一定のスピードを保って40分ほどで大天荘の前に飛び出しました。普通なら小屋にデポして空荷で山頂を目指すのでしょうが、けっこういいペースで上がれたのでそのまま山頂を目指しちゃいました。




Dscn3281a

小屋の裏を登ること10分ほどで、今回山行のチマコッピ 大天井山頂(2,921.9m)をゲット♪誰もいなかったのでセルフタイマーダッシュ。これ以外とキツいw
それにしてもけっこうガスってきたなぁ。





Dscn3282a

歩いてきた稜線も燕岳方面はすっかりガスの中に隠れてしまいました。
時間は10時過ぎ、まだ午前中ですがお山ではお昼時間 ^^
せっかく小屋があるのでね。美味しいものいただいちゃいましょう。





Dscn3284a

小屋名物のインディアンカレーセットは「売り切れ」
まぁ昨日カレーいただいたから、今日はてんぷらうどんです。
麺に腰があっててんぷらもサクっと♪ ご馳走様でした。
大降りを下った後の登り返しでは「大天荘で泊まっちゃおうかしら」なんて弱音も頭を掠めましたが、エネルギーチャージしてもう少し頑張ろうという気になりました。
でもここはまた伺って今度は泊まってみたいなぁ。なんせ標高2900mの山小屋なんてそうそうないからね。





Dscn3285a

11時 常念乗越に向けて出発。
表銀座方面に向う登山者と袂をわかったあと、さらに歩く人が減って静かな山旅となりました。





Dscn3286a

完全に森林限界を超えた、眺望抜群のトレイル。
大天井から進むと基本下りなのでなおさらのこと、足が軽い♪
静かで、谷から吹き上げる風が稜線を抜けていく … ランナーズハイという言葉があるけれども、ここではハイカーズハイ!





Dscn3290a

12時に東天井直下に到着。目の前には横通岳へ伸びていく一本道。





Dscn3292a

東天井岳を回りこんだ辺りでランチを愉しんでいたカップル。
この眺めでランチは贅沢極まりないよねえ。





Dscn3293a

谷をぐるーっと回り込むようにして横通岳に向います。
東天井も横通もピークは踏まず、山頂直下を掠めていきます。
そして常念岳がだんだんと迫ってきます。





Dscn3294a

このトレイルがそのまま常念に繋がっていたらどれだけいいことか(笑
実際は200m下降して400mハイクアップしないといけません ^^;





Dscn3296

横通山頂付近
左手に安曇野の街、正面に常念、右手には穂高槍。





Dscn3298a

やがて眼下に常念乗越。今日のお宿 常念小屋が見えます。
それにしても … 常念へのアタックルートがもう恐ろしげにしか見えないw





Dscn3302a

仕方が無いのでガンガン下り、14時過ぎに無事常念小屋着。
それなりに長いルートながらほぼほぼ予定通りに歩けて満足です。
特に大天井からの3時間はまさに「天空の散歩道」 また歩きたい♪

夕食はまたしてもハンバーグw 
まぁお腹が空いていることもあってそんなことは微塵も気にならず。
ごちそうさましたらもう寝るしかない(笑 20時過ぎには寝てました。たぶん。。。

« 【Beyond the Peaks】 中房温泉~三股縦走1日目 | トップページ | 【Beyond the Peaks】 中房温泉~三股縦走3日目 »

コメント

二日目もいいね。やっぱり表銀座いいわ

>潮さま

稜線歩きは心浮き立ちます。アップダウンが激しくなければ(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【Beyond the Peaks】 中房温泉~三股縦走1日目 | トップページ | 【Beyond the Peaks】 中房温泉~三股縦走3日目 »