« 向日葵ポタ | トップページ | 行くぜ!東北 ~道の奥へ編 第二日 »

2014年7月22日 (火)

行くぜ!東北 ~道の奥へ編 初日

Dscn2999a

夏の東北へ。鉄分濃ゆーい旅なのでした。




7/19

今年3回目の「行くぜ!東北」。今回は三連休乗車券を駆使して3日間乗りに乗ってきました。

Dscn2827a

まずは土曜日、大宮から「こまち」に乗ります。
さすがに時速300kmは速いわ。盛岡を経由して3時間ほどで角館へ。



Img_2360a

角館といえば武家屋敷が有名。けど今回はよっていく余裕もなく(笑



Img_2363a

秋田内陸縦貫鉄道へ。角館から鷹巣を結んで文字通り秋田を縦に移動します。

Img_2367a

急行ですが2時間かかりますよ。まぁ急ぐでもなし楽しんで参りましょ。
ちなみに彼は「もりよし」さんといいます。



Img_2364a

さぁ出発!右側はJR田沢湖線、左側の非電化単線が内陸線です。



Img_2372a

比内地鶏の駅弁を食べつつまずは内陸の盆地を走り抜けます。



Img_2374a

天気予報には反して青空も見えて景色が素敵です。それに非電化だから架線柱が存在しないのも見た目にはすっきりなのです。



Img_2376a

沿線には数箇所たんぼアートが。その辺りは減速してくれる粋な計らいもありました。
ちなみにアテンダントさんが乗車していて、沿線紹介やら車内販売やらご活躍でした。



Img_2380a

やがて列車は山中に分け入り、小さな駅にポツポツと止まりつつ北上していきます。
車窓は緑に満ちていて、普段コンクリートに囲まれている味気なさを忘れさせてくれます。



Img_2389a

途中では急なにわか雨に見舞われたりもして。
小さい頃はああやって列車先頭にかぶりついてましたねえ。
あ 今も変わってないかw



Dscn2834a

2時間の乗車のあと、鷹巣から奥羽本線で東能代へ。
ここでまた乗り換え。ほら 来ましたよ。



Dscn2838a

「こまち」さん 「もりよし」さんに続いて、ここからは「しらかみ」さんです。
鉄旅では人気の五能線ですね。20年ぶりの再訪です。



Dscn2837a

今回は青池編成。ハイブリッドシステム で走行する車両編成です。
これからはこういうのが主流になるのでしょうね。



Dscn2843a

五能線といえば、日本海に沿うように走る車窓が見所。
このころは雲が多くなってたけれど、堪能させていただきました。





Img_2422a

1時間ほどで本日のお宿の最寄り駅へ。
海が望める温泉宿です。

Dscn2857a

鮑のついたお膳。美味しかったなぁ。
食べきれるかしら、と思いつつさらっと完食 ^^



Img_2397a

お部屋からは宵のうちを走り抜ける五能線が見下ろせます。




Img_2399a

21時前には既にお布団の人w
でも、夜中に夜景鑑賞会。水平線に瞬く漁火や瞬く星も堪能させていただきました。



« 向日葵ポタ | トップページ | 行くぜ!東北 ~道の奥へ編 第二日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 向日葵ポタ | トップページ | 行くぜ!東北 ~道の奥へ編 第二日 »