« ひっさびさのB活動 | トップページ | 日本一ヌルい峠認定 »

2014年5月 6日 (火)

雪山はやっぱ危険だ ~ 燧ケ岳アタック

Imgp0118a

ものの見事に晴れてくれました♪
課題山積の山行になっちまいましたが。。。


大まかなスケジュールとしては、5/3は移動のみ、/4燧アタック、/5は自転車でアクティブリカバリー みたいな感じです。さて、どうなったやら。



5/3
連休後半の初日、高速道は大渋滞必至なので昼過ぎから移動のみ。
西那須野塩原ICから会津田島に寄り道です。



Imgp0091a

会津といえばこれも名物らしい。ソースカツ丼。
お目当てのお店が貸切とかで急遽代打「まりちゃん」へ。
ラーメン屋なのですが一押しはこやつ。いやいや代打なんて失礼すぎました。
また食べたい逸品でありました。

このあとは檜枝岐へ。ミニ尾瀬公園の駐車場で車中泊。おやすみなさい。



5/4

目が覚めてうだうだしていると 。。。。。

あ アイゼン忘れたっ! うわぁぁ orz


幸い体長所有のものをお借りできてDNSは免れたけど、本来ありえない。
というより、ちゃんとチェックしておけよな 自分 orz



Imgp0093a

七入りの通行止め解除を待って御池まで上がります。
3度目のアタックにして最高のお天気です。テンションアーップ!



Imgp0095a

夏道とは若干違って登れるところは直登みたいな感じ。
我らが隊長、今日もサクサク登っていかれます。
僕は早々にアイゼンをつけさせていただきましたが、隊長夫妻は結局終始ノンアイゼンでした。もはや異次元w



Imgp0096a

御池からのルートは途中に2箇所の踊り場があります。
こちらは下の広沢田代。夏は木道を歩いていくところですが、雪山の特権でどこを歩いてもたいがいOKなのです。



Imgp0098a

広沢田代から上の踊り場、熊沢田代への直登。もはや壁にしか見えない(笑



Imgp0099a

振り返るとこんなん。高度差がすげーです。
後ろから押し上げるのがうちの副隊長。若葉マークの僕はセカンドで暖かくw見守れているのです。



Imgp0101a

そして視線を上げると会津駒ケ岳。
あちらも気持ちよく登れたのでしょうねぇ。

急登をゆっくり登り詰めると熊沢田代が目の前に。そして。。。



Imgp0103a

燧ケ岳がその姿を現してくれました。目指すは左端の俎鞍(2346m)です。
いやぁ 格好ええなぁ♪



Imgp0106a

連休でこの好天、かなりの登山者、そしてテレマーカーやボーダー。。。
斜度はけっこうきついけれど、晴天でほぼ無風。これ以上は望めない位のコンディションで気持ちよく高度を稼げました。あ 決して速くなるわけではないですw



Imgp0115a

最後の急登を詰めて



Imgp0114a

登り出しから3時間半で山頂ゲット。
かなりな人で狭いながらも大賑わいでした。



Imgp0112a

まだ真っ白な尾瀬ヶ原、そしてその向こうに至仏山。
そういえばどちらもまだ足跡つけてないなぁ。



Imgp0113a

燧は双耳峰。標高はこちらの柴安鞍のほうが高いのです。
まぁこの斜面見たらとても辿り着けそうには無いのですが ^^;



Imgp0117a

山頂は落ち着かないので、肩まで下がってランチ。
いたってお手軽、それでも会津駒を望みながらなら美味しさ3倍増♪
反対側は日光白根の山頂がピョコンっと飛び出ていますね。

さて、下山。気をつけて下りましょう。
熊沢田代まではシリセードしたり、銀マット滑走したりで順調に。

問題発生はこの後。東田代のほうを回りこんでみるそうです。
トラバースがあるのでカメラなどもザックに収納。つか撮ってる余裕なし。


で。。。キツイ斜度のところで 。。。  滑落 orz
10mくらい滑って、木の周りで雪が溶けた窪みでなんとか止まりましたが、もっと墜ちていたらほんとう洒落になりませんでした。

隊長いわく、「靴はもっと硬いほうがいい」とのこと。でもその前にスキルが足りてないのですよね。新聞沙汰にならなかったのは紙一重のなにかがあっただけのことと反省しないといけません。

このあとはビビッて必要以上にゆっくり慎重に。
それでもヤバかったけど、14時過ぎに何とか御池に帰還。


山の楽しさと恐さと、いろいろあって印象に残りそうな山行でした。
隊長 副隊長、いろいろと助けていただきありがとうございました。


このあとは南会津のいつものお宿で至福のディナーを頂いてお布団の人に。





5/5

最終日は自転車。只見のCafeを目指すとか。



Dscn2675a

なんだか寒々しい写真で申し訳ないですw
でも南会津は今が春真っ盛り。



Dscn2677a

Imgp0122a

各種さくら、カタクリ、スイセン、その他諸々。。。
遅い分、春の濃度が濃い。そんな感覚です。



Dscn2682a

で20kmほど走って只見市街へ。さぁCafe ・・・

ないやんw 休みとかそういう感じではなく、存在自体がww


街のケーキ屋というか洋菓子やでゲットしたのがこれ。
ラピュタのパン♪ 勝手に命名させていただきます。



あとは、隊長の小さなGFを訪ねたり、お宿で遅いランチを頂いたり。
Uターンラッシュを避けるべくゆっくり出発、塩原で温泉療養も。
日付を跨いで帰宅の運びとなりました。


« ひっさびさのB活動 | トップページ | 日本一ヌルい峠認定 »

コメント

山は怖いよねぇ
以前、群馬のマイナーな低山で霧が出て迷ってマイナーな山の単独行は怖いと思いました。
気をつけて楽しんでくださいね~

お疲れ様でした。

いろいろありましたが、新聞ネタにならなかったのは幸いでした。

今回の山行では私もいろんな意味で経験値を上げることになりました。 反省も含めて・・・ ^^;

某TV番組で「雪山で一番大事なことは怖さを知ること」なんて言ってましたね。

自分の技術に見合った山に登るという基本を忘れずにまた行きましょう。

そろそろアルパインクルーザ3000のご検討を!

>あかさん
楽しいんですけど同等のリスクも隠れているのですよねー。気をつけねばなりませぬ。

>隊長
背伸びしちゃあいかんですねえ。
まぁ回を重ねてスキルアップしないと

大事にならなくて良かったですw
雪山の急斜面は難しいっすね。
自分はアイゼンまだ使ったことないですし
ちなみにやわらかいと言われた靴は何を使ってますか?
時間が合いましたら雪の無い山のんびり行きましょう

>潮さま

不十分なスキルでは通じませんよねえ
心せねばいけませんでした。

今の靴はモンベルのアルパインクルーザー2300です
アルパインよりもトレッキングに近い感じですね

のんびりお山は是非。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひっさびさのB活動 | トップページ | 日本一ヌルい峠認定 »