« 雪山はやっぱ危険だ ~ 燧ケ岳アタック | トップページ | 山はなめちゃいかん ~乾徳山 »

2014年5月18日 (日)

日本一ヌルい峠認定

Dscn2708a

日本の峠が皆こうだったらいいのにーw

Dscn2683b

過去数度訪れている田口峠越えの佐久遠征。
でも春バージョンは初めてかな。急な思いつきにもかかわらず7名トレインで出発します。




Dscn2685a

出発は群馬県南牧村。素敵な山村でございます。
お天気は上々♪ テンションも上がりますよぉ。



Dscn2688a

途中でちょっと観光その1
といっても橋の上から撮っただけですが(笑

南牧川の両岸が狭まっている「蝉の渓谷」。ちなみに南牧川を辿れば利根川に通じるそうです。



Dscn2692a

ここを右折すると山道っぽくなりますよ。
左の標識に注目!




Dscn2694a

群馬のアイドル ぐんまちゃん♪
あかん かわゆすぎる。

斜度が上がるっていっても10%はあるのかどうかってとこかな。
でも腑抜けた身体にはつらいのよw



Dscn2695a

でも途中の集落の風景には癒されますわ。
錆びた火の見櫓に石垣の段々畑 これぞ日本♪



Dscn2696a

ヒィヒィ登ると県境に出ます。峠が境っていうところは多いですが、ここは長野県が山越えで攻めてきているのですよ。

Dscn2699a

若葉が目に眩しいくらい。春というか最早初夏の陽気です。
さてここからさらに斜度が増す … ということはなく、ここまでが核心部ですw

ここから峠まで、距離はそこそこありますが斜度がヌルーい。
あ 表現が適切じゃないですね。斜度が優しい。
トップの写真は合成じゃないんですよ。きっと道路設計した人が自転車乗りのために無理矢理緩くしたんじゃないかとw



Dscn2705a

Dscn2706a

車の位置にご注目。
九十九なのにほとんど高度稼いでません。

もうね 日本一自転車乗りに優しい峠道 認定です!



Dscn2710a

結局心拍も上がることなく峠まで。
法制化してほしいっすね。林道の斜度は5%が上限だと。

さて、今回の目的。それは田口峠ではなく? ランチだと断言します。
ってことで登った分を惜しげもなく放出、がぁぁっと下りますよ。
途中北アルプスもクッキリ見えました。たぶん常念から北側はばっちり♪



Dscn2712a

途中で観光その2
学校訪問? ではなくこの学校、実は城郭の中にあるのです。
龍岡五稜郭、函館のと同じく五芒星型の城郭を持つ西洋式の城跡だそうです。
学校を護っている感じがなんかいいね。

ここから更に一頑張りで待望のお昼。毎度おなじみの「トラットリアsin」さんです。
たぶん日本にあるイタリア料理店で一番行ってるような気がします ^^;



Dscn2719a

本日は「フンギ」 各種きのこのクリームソースパスタ。
フンギはイタリア語できのこの意らしいです。いや美味かった♪



Dscn2722a

さて食べたら帰らねば。またお山を登り返すのですが。
まずは佐久の田園風景を快調に。空は青くて高いし、いやもう気持ちいい!



Dscn2725a

R299をぼちぼちと登り、帰りは大上峠からデポ地に戻るのです。
手作り風道標が素敵っす。そして大上峠へ。



Dscn2727a

こちらもありがたいことに、実にヌルい もとい 優しい。
この周回コースはこれからも訪れるでしょうねえ。



Dscn2729a

峠です。日差しがあたって陽性な感じですねえ。
ここからは落石などに気を配りつつ、ぐわぁぁっと下って下って
デポ地に戻りました。南牧村&佐久市 いやほんと素敵でした。



Dscn2730b

お天気にも恵まれ、春の一日を楽しく過ごせましたとさ。
同道いただいた皆様、ありがとうございました。





本日の走行距離 : 81.81km



« 雪山はやっぱ危険だ ~ 燧ケ岳アタック | トップページ | 山はなめちゃいかん ~乾徳山 »

コメント

アスコはいいよねぇ。
身体に優しく、お腹にも優しい。
夏の極暑時期はごめんなさいだけど、いいよねぇ。

お疲れさまでした―(^^)/
新緑、適度な登り坂、美味しいイタリアン♪
リフレッシュしたんだけど、身体はボロボロだ(^_^;)
またよろしくおねがいします。

田口峠は、毎回タイミングが合わず企画に参加できないんですよね。
1度行ってみたいのですが、去年は紅葉の時期に企画がたたなくてガッカリしてました。新緑もよさそうですねえ。sinさんにも行ってみたーい。
美味しそうですよね。
ゆるいと書いてますが、ルートラボでみると結構獲得標高ありそうなのですが…。
次に田口峠企画があったら、絶対参加したいですわ。

色々お世話になり、ありがとうございました。
次回?もまた宜しくお願いします。

帰宅後、電鉄会社の当時のオーダーを調べましたよw

>らんたさん
老体にはおあつらえむきでございますな(笑
夏も埼玉よりはよかろうですよ たぶん

>よっちさん
いやいや 余裕だったんじゃないですか
次回のターゲットはソフトですねw

>なす子さん
ぜひぜひ♪ 参りましょう
ルートラボの表示ほどには上がった感ないんですよね
さすが日本一ぬるい峠(笑

>きーじぇいさん
こちらこそお付き合いくださって感謝でございます。
新井も南海だったですね 思い出しました ^^

お疲れさまでした。

これで秋と春はクリア。 真夏は暑くて虫が多そうだから次回は厳冬期ってのはどう?


それにしてもsinはやっぱりいいですね~

また口実を探さないと・・・

>Nori8さん
厳冬期ですか ^^;
35Cくらいのスパイクタイヤが必要じゃないのかなあ

場所的には自転車でもお山でも長野行きと絡めれば♪

おはようございます~
ご無沙汰してしまってました~^^;
自転車にも気持ちの良い季節になってきましたね♪

それにしても前記事(*_*;
何事もなくてよかったです。
わたしは元来高所恐怖症なので、本当に広くて、緩~い場所でしか尻セードしません。
というかできません ^^;
明日、写真展の解説員として尾瀬沼へ行ってきます^^ (雨ですが~笑)

>よしころんさん
こんばんは。
ぬるいなりに山も自転車も楽しめる季節ですね。
山の春はわっと来てすっと去っていく。お花ハンターさんは大変です ^^;

そして燧!あのときよりも今のほうが恐さが身に沁みてます。
自分の限界を知っておく作業が必要だなぁ、と思いながらの乾徳の岩場でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪山はやっぱ危険だ ~ 燧ケ岳アタック | トップページ | 山はなめちゃいかん ~乾徳山 »