« 山懐に抱かれし出湯を目指そう | トップページ | 花吹雪の林道 »

2014年3月29日 (土)

桜ぽたぽた

Dscn2532a

自転車ネタです。
たぶんそう思われていないと思うのですけれど、一応自転車のブログなのですよ。



冬の間の不摂生・・・ちゃう ずーっと不摂生。
少しは動かねば。
でももともと頑張らない人間なのでそれなりですが(笑

坂戸~鳩山~ときがわ、と北上。
で何を間違ったんだか横松へ。ひぃひぃしながらなんとか越えました。



Dscn2508a

登りきった辺りの桜並木はまだ蕾でした。
でも枝のトンネルからモクレンの白が眩しかったな。

松郷峠からはバビューンと下って小川町。あーなんか久しぶり。
うろうろと走り回って西光寺へ。



Dscn2523a

ちょっと小ぶりだけど、風格のある枝ぶりは健在でした。

青空と桜、いやぁ春到来を実感しました。

Dscn2520a

桜を愛でる心は日本人のDNAに刻み込まれているのかも知れないなぁ。



Dscn2526a

場所は変わってこちらは東昌寺。
こちらは遠くからでも望めるくらいに見事な枝の張り。
見事に満開でしたねぇ。

お昼はどうしよう。シブレットを覗いてみたけれど混んでいるようなので、いままで前を通り過ぎるだけだった「げんきの木」へ。
量的にはちょいと物足りませんでしたが、野菜メインのランチ、美味しかったです。





Dscn2538a

さてと来た分は戻らないと遭難です。
ひさびさの嵐山渓谷からときがわへ。
途中の日枝神社の枝垂れ。いつもタイミングが悪くって、綺麗に咲き誇っているときに来れたのははじめてかも。



Dscn2542a

桜尽くし。〆もやはり♪
地蔵院の枝垂れ。散り初めだったので見れてよかったぁ。
明日の雨で終わっちゃうかもしれないしね。

帰宅してヘルメット外したら、桜の花びらがはらり・・・
なんだかいい気分になりました。




ひっさびさの走行距離 : 92.64km

« 山懐に抱かれし出湯を目指そう | トップページ | 花吹雪の林道 »

コメント

会長乙!
ワシも久々に走ったが、劣化ぶりは相当なもんじゃった。
今度は、劣化肥満兄弟で暴走トレインじゃ!

>らんたさん

これは世を忍ぶ仮の姿ですw
まぁmただやはりモチベ復活はいかに美味しい餌で釣るか、という1点に掛かっているのだと思うのですよ。

自転車活動復活ですね!!(^^)
枝垂れ巡りお疲れ様ですー
昨日の東昌寺の咲きっぷりはホントに見事でしたね。
折れた枝の影響が気になってましたが「どうだ!」と言わんばかりの
枝っぷりはしっかり健在で嬉しい限りです。


「美味しい餌」探しておきますね!(笑

帰りはそれなりに向かい風だったでしょ。
合流してローテンションしたかったですw

あ、低いテンションになってしまったw

ヲヤヂの油売り

サアーサアーお立ち会い 
--いきなり中略--
手前ここに取りいだしたるは武蔵名物ヲヤヂの油、ヲヤヂと申してもただのそこらのヲヤヂとはガワが違う、これより北、北は奥武蔵のふもとは、ありとあらゆる飽食を喰らい苦労なく腹を育てた四六のヲヤヂ、四六五六はどこで見分ける。
 前足の指が四本、後足の指が六本合わせて四六のヲヤヂ、山中深く分け入って捕いましたるこのヲヤヂを四面鏡ばりの箱に入れるときは、ヲヤヂはおのが姿の鏡に映るを見て驚き、タラーリタラーリと油汗を流す、これをすきとり柳の小枝にて三七二十一日間、トローリトローリと煮つめましたるがこのヲヤヂの油。
 この油の効能は、ひびにあかぎれ、しもやけの妙薬、まだある、大の男の七転八倒する虫歯の痛みもぴたりと止まる、まだある出痔いぼ痔、はしり痔、はれもの一切、そればかりか刃物の切れ味を止める。
 取り出したるは夏なお寒き氷のやいば、1枚の紙が2枚、2枚の紙が4枚、4枚の紙が8枚、8枚の紙が16枚、16枚が30と2枚、32枚が64枚、64枚が一束と28枚、ほれこの通り、ふっとちらせば比良の暮雪は雪降りのすがた。
 これなる名刀も一たびこのヲヤヂの油をつける時はたちまち切れ味が止まる、おしてもひいても切れはせぬ。
 と云うてもなまくらになったのではない、この様にきれいにふきとるときは元の切れ味となる。
サーテお立ち合い
 この様にヲヤヂの油の効能が分ったら遠慮は無用だ、どしどし買って行きやがれ!

という、自虐モチベーションだな。

>く~ま~さん
あすこの枝垂れはやはり見たくなるのです。
美味しい餌、ハードルの高くない程度でお願いします!

>き-じぇいさん
いやいや、後ろに廻った時点で切れますからローテーションにならないっす

>らんたさん
そんなもん売ったら誇大広告で捕まるしw

寄居以外ほとんど一緒ですね!
西光寺の桜はやっぱり小ぶりになりましたよね?
日枝神社の横に居るおじいさんに話しかけられませんでしたか?(笑

>なす子さん
西光寺さんのは年毎に好々爺っぽくなってる気がします。
長生きして欲しいですねえ。
日枝神社のじいちゃんは先客が餌食に(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山懐に抱かれし出湯を目指そう | トップページ | 花吹雪の林道 »