« 行ってきたぜ東北2014 | トップページ | 桜ぽたぽた »

2014年3月16日 (日)

山懐に抱かれし出湯を目指そう

Dscn2473a

念願かない、雪を踏みしめての訪問となりました。


いつもお世話になっている隊長夫妻と。



Dscn2440a

5時に出発したのに、まさかの事故渋滞 ^^;
貴重な2時間を浪費し、予定がパーw



Dscn2443a

バタバタと準備を終えて出発は11時半となってしまいました。
スキー場を離れると静寂が辺りを覆いますね。
ゆっくりゆっくり高度を稼いでいきます。僕一人大汗w



Dscn2447a

お山の師匠でもあります。今回もお世話になりました♪
ちなみに予定が狂ったのは山頂まで詰める予定だったから。
で僕は端からそこまでいく気がなかったのでww



Dscn2448a

急登を凌ぐと勢至平。字のごとく少し開けたところ。
テントを張っていた人もけっこういました。寒いやろうにねぇ。



Dscn2451a

ここからはアイゼン装着指令が。
僕のはなんちゃって10本歯ですが大丈夫だろうか(笑
隊長はさすがサクサクと歩を進めますな。



Imgp1166

いっぽう生徒は…酷いねw
見かねた副隊長から叱咤が入ります。
「トラバースの谷足はつま先を下に向けて」
「登りはもっと蹴り込んで」

いやぁ ごもっともです。
こりゃあ相当な鍛錬が必要だねえ。



Dscn2453a

景色はよいのですがねぇ。
小屋の手前はずっと左側が谷に落ち込んでいてビクビクしてました(笑



Dscn2456a

ようやくうっすらと目的地が見えてきたよ。



Dscn2458a

14時 くろがね小屋着。よっしゃ♪



Dscn2459a

まずは冷えた身体をダルマストーブで暖めよう。
残念ながら現在断水だそうで食事の提供は出来ないとのこと。
名物のカレーはまたの機会ですね。



Dscn2463a

じゃあ、なにはさておきこれだ!
湯の花が舞う酸性泉。ちょいと熱かったけど堪能しました。
いやぁ二週続けての東北温泉巡り。来れて良かったです。



Dscn2465a

自炊ではありますが、今回はシェフ同行です ^^
キムチ鍋にアルファ米、締めは卵を割って雑炊。
すきっ腹には何よりのご馳走でした。

山の夜は早い。ご飯を食べ終えてもまだ17時過ぎ。
でも食後にもう一っ風呂頂いてから横になっていたら自動的に夢のなかw




Dscn2472a

明けて日曜日、シェフ渾身の壱作、卵雑炊をいただきまして7時半出発。
少し登ったところに見晴らしの利く鞍部があるのでそこまで行ってみましょう。



Dscn2474a

天気自体は悪くなさそうですが、風がビーブー吹きすさんでいますよ。
大丈夫か おいらw



Dscn2480a

さすがに山頂を目指す人々は十二本にピッケルです。
斜面はガチガチとまでは行かないけれど凍ってますねえ。
滑らないようゆっくりゆっくり一歩をおいて確認して・・・冬山って忍耐だ。



Dscn2481a

さすが隊長。来週は更なる高みを目指すそうです。スゴす。



Dscn2482a

1時間くらいで目的の鞍部というか稜線に到着。
安達太良の頂もうっすら見えています。

が、風すげっ!風速計表示で平均15m/s・・・
自転車の世界で言うと、強風でオンライドできない坂東大橋ってところでしょうか。
山頂直下はいったいどんなんになってるんでしょうか。想像したくないぞ。



Dscn2487a

ここからは小屋に戻らず直接勢至平から下山します。


Dscn2496a

稜線からほんの10m下がるだけで風の勢いは嘘のように弱まりますね。
ほんの少し陽が差すと雪面が照らされて風紋が美しく浮き出ます。



Dscn2502a

勢至平の上部は雪の上からかをを覗かせている木の枝がまるで花盛りのように霧氷を纏っていました。こういう風景が見れるから冬山も面白いのですね。
あ 危険なところは行かないけどw



Dscn2503a

連れて行ってくださった隊長夫妻には感謝です。
帰りの車中で「冬用シュラフ持ってます?」って聞かれたけど・・・あれは幻聴だと信じたいw

まぁ またよろしくお願いいたします。




« 行ってきたぜ東北2014 | トップページ | 桜ぽたぽた »

コメント

非日常の時間は素敵ですね。
風への耐性を自転車に活かして下さい(=我々の楯となって下さいw)

行きの渋滞には参りましたね~ って寝てたけど ^^;

少々ハプニングもありましたが、念願かなってくろがね小屋の温泉に入れたのは何よりでした。

次はテン泊かな~ なので是非冬用シェラフをお買い求めください。

>きーじぇいさん
追い越し禁止、煽るの厳禁w

>Nori8さん
あそこまでが関の山でございます
雪中テン泊なんぞとてもとてもww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 行ってきたぜ東北2014 | トップページ | 桜ぽたぽた »