« 年の初めの第一歩 | トップページ | プチ雪山 »

2014年2月 2日 (日)

霧ヶ峰で雪と戯れてみた

Dscn2380a

晴天のなか、足慣らしに雪山へ。
いや、雪山とえばるほどではないです(笑
 

隊長からのお誘いを頂き、長野県山岳総合センター主催の「真冬の高原の自然環境と景観」というイベントに参加してきました。 


Dscn2372a

霧ヶ峰集合ということで、我々は佐久経由で現地入り。
本日は30名様という大所帯。5班体勢で車山を目指します。
まずは準備運動、そして軽くレクチャー。ここでサンピラーが見れるなんてはじめて知りました。超真冬対応装備でなら見れるかも。ただし凍えそうw




Dscn2374a

ここらあたりは寒いものの晴天率は高いのです。
天気は文句なし晴れ♪まぁ主催者側の思惑とは違っていたようですが。
もっと寒いはずなのに・・・ってどんだけマゾやねん(笑

数日前に降ったらしく、スノーシューでも膝上までもぐっちゃいます。
が、30人いるとあっというまに道路完成!




Dscn2377a

しばらく登っていくと行く手にドーム状の建造物。あれが車山山頂らしいです。
いつも思うのですがこのあたりは樹木が少なく視界利きますなぁ。
この日は晴天なれど南風がけっこう強かった。樹林帯なら少しは和らいだのでしょうが。。。




Dscn2382a

車山の肩へ緩々下っていきます。
疎林の向こうはコロボックルヒュッテかな。




Dscn2381a

この建屋はなんだろう。実に絵になっていたんですよねぇ。
薪ストーブとかで煙突から煙が出ていれば完璧♪




Dscn2386a

肩で小休止したあと、山頂を目指します。登りは夏道を忠実に辿ったのかな。
ここまででも風は感じていましたが、登りだすと風力が如実に増しましたw




Dscn2391a

シュカブラ(風紋)です。
こんなラウンドシェイプ どうしたらできるのでしょ。




Dscn2387a_2

雪原と青空と巡礼者(違
絵だけ見ると気持ちよさそう。でも実際は風がビュービューなのです。




Dscn2388a

Dscn2389a

クッキリとはいきませんでしたが八ヶ岳連山が望めました。
北ア・南アは薄らぼんやりで残念。




Dscn2396a

車山山頂ゲット♪
まったりランチでも、な達成感ですが・・・

風が半端ないです。山頂付近はマックス、油断していたらよろけそう。
あれが北風だったら悲惨なことになっていたのでしょう。


あとは往路を忠実に辿って出発地に戻ります。
アニマルトラッキングなど、いろいろと教えていただき楽しいイベントでした。
気持ちも技術もないので単独でなんてとんでもないのですが、こういうイベントだと比較的安全に雪山を楽しめるのでまた行ってみたいと思います。




Dscn2401a

帰りは温泉でほっこりし、佐久といえば最早セットと化したあのお店で♪
来月の予定が決まったとかなんとか。隊長お世話になりました。



« 年の初めの第一歩 | トップページ | プチ雪山 »

コメント

どうもお疲れ様でした。

サンピラーとか日ノ出日の入りとか是非見てみたいですな~

美ヶ原も面白そうなのでまた行きましょう!

>Nori8さん

こちらこそお世話になりました。
サンピラーは昔北海道で一度見ましたがそのまま凍りそうなくらい寒かったですよ

夕食のチョイスに一般人とアスリートとの違いを痛感しました(笑

よいお天気の霧ヶ峰楽しそうですね!

青空&雪景色はうっとりする美しさですね。
私も雪遊びしたいなぁ。

最後のパスタが美味しそうでたまりません(笑)

>矢車草さん

お天気は文句なしでしたが風が強かったんです。
でもプチ雪山気持ちいいですよねえ。

佐久を通ると素通りできないイタリアン。
近所に住んでいれば通い倒すのですが(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年の初めの第一歩 | トップページ | プチ雪山 »