« NKツアーにお呼ばれ | トップページ | 小人と鉄人 »

2013年6月29日 (土)

女王様とご対面 ~ 仙丈ケ岳

Dscn0387a

念願かなって南アルプスの女王様に会ってきました♪

山暦はまだ浅いけど、今見たいお山の風景ベスト3の一つ、小仙丈カールを抱いて聳える仙丈の頂を目指してきました。もうひとつ、頂まで辿り着けたら自身初の3000m越えでもあります。頑張ろう!

金曜は終業と同時に退勤、仮眠してから土曜朝というか夜w 1時過ぎに出発。
圏央道から中央道、諏訪から高遠を通って仙流荘駐車場に着いたのは5時前でした。
なかなか順調に辿り着けたなぁ。

Dscn0309a

北沢峠行きの始発バスは6時過ぎですが、週末とあって山に入る人も多いね。
結局5時45分くらいに出発できました。

北沢峠でテント張ろうかな、って考えていたけれど、夕方からどうやら雨の残念な予報。
日曜は所用があるので、雨降りの早朝から撤収作業はつらいなぁ・・・と日帰りに変更。
同時に終バスを逃すわけにはいかなくなりました(笑)


Dscn0312a

マイクロバスで標高を一気に1200m稼ぎます。文明って素敵っす。
峠付近はガスに巻かれてますね。晴れてほしいなぁ。


Dscn0313a

用意を済ませて、いざ♪
6時45分出発です。ここの標高は2032m、ピークまでは1000mのハイクアップをしなきゃね。まぁゆっくり行きましょう。


Dscn0315a

出だしはゆるゆると登っていきます。
靄を纏った登山道も雰囲気いいなぁ。



Dscn0316a

あ 光が ^^
気持ちいいですね。このまま晴れておくれ。

駒仙小屋からの道が合流すると2合目。緩々だったのはここまででした。
まるで「ウォーミングアップは済んだの?じゃあ本番ね」って言われたみたい。
道行きが目に見えて厳しくなりました ^^;



Dscn0323a

歩きにくいってほどではないけれど ・・・ しんどい
まぁこういうときは遅すぎってくらいのペースが結局功を奏すような気がします。



Dscn0324a

4合目。まだまだ登っちゃうぞ。
だんだん足が重くなってくるよ。ちょっと休憩、息を整えてガンバガンバ!



Dscn0327a

大滝の頭に到着。ここまで2時間です。
さすがCTを守る男だよw

も少し登ったら森林限界を超えるみたい。眺望効くかなぁ。


でも道はまだまだ厳しいっす。
ふぅふぅ足を運んでいたら、傍らの藪でガサガサ。お?



Dscn0330a

鹿さんでした。お食事に夢中でした。

Dscn0331a

しばらく登ると樹林帯が途切れました。
振り返ってみると甲斐駒♪ 摩利支天も見えるね。

甲斐駒を見た最初で最後でした(笑)
ガスが次から次から湧いてくるよ。この先は見れるのか心配だ。



Dscn0336a

小仙丈の頂かな。まずはあそこまで行きましょう。
眺望が効く分、つらいときは萎えたりしますねぇ。



Dscn0339a

イワカガミかな。ようやくきた花の季節、精一杯咲いてます ^^

しばらく登ると先行のおば様がひそひそ声で呼んでます。
このシチュエーションは もしや ・・・



Dscn0344a

雷鳥さん お出まし~♪
もう冬毛はほとんど抜けてますね。
まったく頭になかっただけに、会えるなんて幸運だ。



Dscn0345a

振り返るともう雲の海。
北岳も富士山もいったいどっちだ(笑)




Dscn0347a

まだ花はこれからみたいで、色とりどりとは行かなかったけど
イワカガミが我が世の春と咲き誇っていました。




Dscn0349a

9時47分 小仙丈ケ岳に到着しました。
かたくなにCTを守っていますなw

さてさて、気になる仙丈ケ岳は・・・


Dscn0351a

あらら ガスが・・・ orz
歩いているうちに見れないかな。



Dscn0352a

このあたりからシロバナシャクナゲも見かけるようになりました。
目の保養になるし、休む言い訳にもなるのです(笑)

問題はマクロモードで撮る時、ついつい息止めて撮ってるんですよねー
撮り終わったらゼィゼィいってたりして・・・休みになってへんがな。。。

Dscn0353a

この小さいピークの先はどうなっているのかな?
楽しみでもあり怖さでもあり・・・ まぁなんにせよ高山の雰囲気がいいね。

小仙丈から先は傾斜も緩やか。重い足取りもちょっとは回復したかな。
と、目の前に!




Dscn0358a

きたー♪ この景色が見たかったのです。
周りに人がいなかったので「やったーっ♪」と叫んじゃった(笑)
青空バックというわけにはいかなかったけれど、ガスの中から現れる小仙丈カールも素晴らしいです。
このあとしばらく脳内プレーヤーは天空の城ラピュタがエンドレスでした。



Dscn0363a

北岳はこの雲の中なのかな。こちらはリベンジだな。



Dscn0368a

このピークを回り込めば頂上まではすぐかと思っていました。
が ・・・




Dscn0371a

今度は藪沢カールの上を回るように道がついています。
なかなかに山頂は遠いっす。でもこの感じがいい♪
ここまでの疲れも忘れます。なくなりはしないけどw



Dscn0373a

さて、ここで手元の光度計は2935m。
今までに登った最高所が白馬岳なので自己新記録です!

よし、もうチョイ登れば3000m越えだ。



Dscn0375a

だんだん近づいてきた。向こうのピークが山頂みたい。



Dscn0377a

振り返ったら今歩いてきた道が♪
森林限界を抜けたからこその景色、ほんと素敵です。



Dscn0379a_2

よし あと少しだ。よく頑張った 自分w



Dscn0380a

11時24分 仙丈ケ岳 3033m  到着しました!
まわりは相変わらずのガスで眺望は効きませんが、もうなんか幸せだ♪


Dscn0381a



あまり時間をかけていられないので、お湯を沸かしてカップラーメン。
普段はほとんど食べないけれど、こういうところではご馳走です。

さくっとランチを済ませて、さあ帰りましょう。
お手洗いを借りに仙丈小屋を回って行きましょ。

藪沢カールの下というか中に小屋は建っています。
今度はここに1泊してゆっくり楽しむのもいいな。

Dscn0384a

小屋からは稜線に登り返して、稜線伝いに小仙丈を目指します。
ただここまで少し時間がかかってしまったのでチョイ急ぎ足で。

小仙丈に戻ったのは13時半。最終バスは16時。
わー 急がねば。休憩もそこそこにダッシュ(気持ちだけは)
頑張った甲斐あって、大滝の頭着は14時。もう大丈夫でしょう。



Dscn0394a

あとはゆるゆると下りるだけ。青空とはいかなかったけどいいお山だったなぁ。
なんて物思いに耽りながら2合目まで戻ってきたら、なにやらポツポツ。。。。

あ 雨やん orz

そんなに降っていないようだし樹林帯の中だから濡れはしないけど、ザーッと降ってくるかも。どうしよう。 んー 走るぜ(爆


最後までひぃひぃでしたが、15時過ぎ無事北沢峠に到着。お疲れ~♪



Dscn0398a

なにはなくとも命の水。ほーんと身体に染み渡るなぁ。
ちなみに長衛荘で応対してくれたお姉さんがむちゃ可愛かった ^^


憧れていた風景を自分の目で見れてよかった。
今度は甲斐駒か、はたまた20年前のリベンジで北岳か。。。




【本日のおまけ】

山を下りてから諏訪で自分にご褒美。
自転車仲間に聞いて行ってみました♪

Dscn0399a

これ! がっつきました。美味しかった~。
なす子さん ありがと。

« NKツアーにお呼ばれ | トップページ | 小人と鉄人 »

コメント

期待した景色が観れて良かったですね。
その運の良さを自転車でご一緒した時にも発揮して下され。

綺麗な景色と珍しい動物や植物を観られて、楽しそうです。
1人でも登っちゃうんですよね。

うなぎ、写真だけでも美味しそう!
あーまた食べたい!!

南はもう随分足を運んでないな~

仙丈ケ岳も途中敗退だったし・・・

また行きたくなったのでガイドよろしく~!!

>きーじぇいさん
見れなかったらリベンジねたにするつもりでしたが、人徳か日ごろの行いのよさか、ありがたいことです。
運のよさはパンク回避で大事に使いたくww

>ナス子さん
登山部では随時新入部員を募集してますよー(笑)
一人だといろいろ気をつけないといけませんが、人にあわすところがない気侭さがよいのです。

うなぎ 美味しかった!


>Nori8さん
おー 行きましょう
ただしガイドを労わってくれないとだめだよー ^^; 

うなぎが食べたいぞ。山はオプションで

>らんたさん
そりゃあ難しい
ウナギだけだとデブっちまうぜ(笑)

いつの間に南アルプスへ!いいなー
仙丈ヶ岳は、私が行ったときもガスで真っ白でした。
今度リベンジするときはぜひ絶景を拝みたいですね!

>ミサトン
いつの間にって・・・ 今頃気付きましたか(笑)
せっかくのお山 ガスっているよりスカッと青空が欲しいよね

自分も去年登った時は曇って全く見えませんでした。
悔しくて秋に甲斐駒ケ岳登りましたが、この時は天気が良かったので展望バッチリでした。是非甲斐駒ケ岳もどうぞ
今年は北アルプスかな〜

>潮せんせ
甲斐駒かっこいいですよね。
黒戸尾根からやりたい願望はあるけれど、それはいつになることやら(笑)

僕も北アは行く予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NKツアーにお呼ばれ | トップページ | 小人と鉄人 »