« ポピーとたんぽぽ | トップページ | ロゲイニング再び »

2013年5月26日 (日)

まずはお試し ~ 金峰山・瑞牆山

Dscn0155a

テント泊の真似事をしてきましたよ(笑)



先日、ちょっと血迷ってポチっとしてしまったNEMO TANI1P
買ったはいいが本当にコレ持って山行けるのかしら?
ってことでテント場まで1時間の富士見平小屋を目指して行ってきました。
金峰山と瑞牆山、両方登れるベース基地です。

5月25日
土曜の朝、2時に自宅を出発。みずがき山荘先の駐車場には5時半着。
お天気は土日とも問題なさそう。




Dscn0147a

1年半ぶりの重量級が背に肩に腰に orz
たぶん15kgですかね。歩き出して5分で帰りたくなりました。
こんなん背負って山の上まで行けそうにないぞw

でも1時間やから、と言い聞かし(誤魔化し)歩を進めます。
そうしたら1時間ジャストで富士見平小屋到着。さすがコースタイムを守る男だ。




Dscn0153a

かわいらしい小屋ですねぇ。人気があるのも頷けます。
テン場使用料をお支払いしてまだ余裕がある分譲地で好条件物件をゲット。

もうここで今日はやめにしようか、とか考えながら設営していたら8時半。
こりゃやばい、ってことで金峰山向けて出発♪




Dscn0159a

このあたりは岩盤地帯なんでしょうか。山道も石がゴロゴロ。





Dscn0162a

大日小屋までは緩やかな道でしたが、そのあとは斜度がグッと・・・。
大日岩の直下で林帯を飛び出した、と思ったら南アルプス♪やったー♪




Dscn0163a

鳳凰三山でしょうか?いやぁかっこいいな。テンション上がります。
まだまだ雪もたっぷりなんでしょうね。




Dscn0165a

大日岩を見上げます。ごっついね。登れるらしいですがやめときました(笑)




Dscn0166a

西側には八ヶ岳。あー 行きたいところがたくさん。。。




Dscn0168a

このあたりはまだ春が浅いのか花盛りとはいきませんでした。
菫とほかはちょこちょこって感じ。品のよいお花をパシャっ。
ミツバオウレン かな?




Dscn0170a

大日岩からは稜線に沿って高みを目指します。
砂払ノ頭手前の急登では雪と氷も。幸い用意していたアイゼンは使わずにすみました。




Dscn0172a

千代ノ吹上からは下界とその向こうの南アルプスを望めます。
こういう景色に会うと疲れも忘れます。いや、そういう気になります(笑)




Dscn0178a

で、ついに目指す高みが視界に!岩岩だぁ。
頂上の右側にあるポッチが五丈石だね。

ここからは岩ゴロゴロの登山道。僕はすごい苦手 ^^;
案の定、ペースガタ落ち。脚が重いよ。帰ろうかな・・・
いやいや ここまで来たんだから、と自分を騙して前に。




Dscn0180a

よっしゃ、ちょっと近づいた。でもまだ先が長いなぁ。
でも延びる稜線と青空と雲、気分はいいんです。ただ脚が重い ^^;




Dscn0182a

振り返ったら
瑞牆山。あちらもゴツゴツだ。
明日行くつもりなんだけど・・・気力あるかなw




Dscn0189a

うし、もうちょい。ここまできたら足が重いのも忘れるね(笑)
しかし・・・五丈石ってこんなでかいのね。




Dscn0186a

山頂にも五丈石にも人がいる。
五丈石の上からはどんな景色が見えるのかな。




Dscn0191a

富士見平から4時間、岩ゴロゴロでペースが落ちたけど無事山頂!
今年の最高峰です。気持ちいいー。




Dscn0192a

山頂から五丈石を。あ たくさん人が乗ってる(笑)
途中まではいけそうだけど、最後トラバースする足場が怖そう。

補給をちゃちゃっと済ませて、さて下山。
自転車と違ってお山は下りもつらい ^^;

なんとか今宵のお家に辿り着いたのは16時。疲れたー 金峰つらいわ。




Dscn0198a

まずは渇いた喉を潤そう。
ビールならなおよし、なんだけど飲むと夕食前に爆睡必至なので自粛w




Dscn0199a

暗くなる前にディナー。
早茹でペンネに湯煎不要のミートソース。だけじゃ寂しいのでベーコンとアスパラ入り。
フランスパンも添えて洒落た一品となりました(笑)
あと、凍らせて持ってきた白桃ゼリーがデザート。ご馳走様でした。

テーブルは本日のお試しその一 スノピのオゼン 
分解したら小さくなるし、個人用としてはポイント高いと踏みました。



Dscn0201a

テン場の夕暮れ。なんだか和む風景だなぁ。
大騒ぎするグループもいなくって大人なテン場。よいねぇ。




Dscn0203a

本日のお試しその二 モンベルのランタンシェード
ヘッドライトがランタンに変身。まさにキャッチコピー通りです。


Dscn0204a

文庫本も全体的に均一な明るさ。これもポイント高し ^^

さて、本日はここまで。寝付けないかな、なんて思っていたらなんのことはない、20時には記憶がなくなってました(笑)




5月26日
昨日金峰から戻った頃はやめようかとも思っていた瑞牆山。
一晩休んだらやっぱり行きたくなった(笑)
早起きしてちゃちゃっと制覇したろうじゃないの。5時出発!




Dscn0208a

空は快晴とはいかないものの、樹間からはどうやら雲海な気配。
上に行くまで残っててね。




Dscn0209a

富士見平小屋からは沢を1本渡ってから本格的に登り始め。
そこにあるのがこの大岩。手前のハイカーが小人に見えます(笑)
これって落ちてきたのかな。で衝撃でビキッとw




Dscn0214a

金峰の最後と同じ岩岩な道ですが、組成が違う感じ。
上手く言えませんが瑞牆のほうが歩きやすかった。なんでかな。
こんな岩間があったり。試しの門?

金峰はアップダウンがあったけど、瑞牆はシンプル。ただ登れ!
枯れ沢?ひたすら詰めていきます。アスレッチックのようで面白くもあります。




Dscn0220a

やっぱりコースタイムは守る男でした。7時山頂ゲット♪




Dscn0221a

雲海はまだ頑張ってた。偉い! 気持ちいい眺めだぁ。




Dscn0222a

ただ下を覗くとこんな感じ。高所恐怖症な人はダメだろうねぇ。
僕も立って見下ろせって言われたら断るな。




Dscn0224

パノラマ写真なぞ。最近のデジカメは便利だ♪

さて、登ったら降りる。これ鉄則です。というかそのままだと遭難だw
アスレチックをがしがし降ります。コレも楽しい。
まぁアタックザックだから身軽っていうことなんだけどね。




Dscn0235a

でも登りは気付かなかったものに気付くことも。
石楠花かな?




Dscn0236a

ケルンの上に乗っている君。すごいバランス感覚だよw
見習いたいくらいです ホント。

で下りもCTな男。9時前にマイハウスに帰還。
お疲れ様でしたの珈琲をたてて一息。で撤収。

山での家一切合財背負って・・・やっぱ重い ^^;
まぁ降りなのと、ウェストハーネスの締め方を思い出したのとw





Dscn0239a

なんだかんだ言って、終わってしまえばいいお山でしたぁ。
11時前無事下山。




Dscn0240a

下山中、人がガンガン登ってきたので想像していましたが駐車場がカオス状態。
と言うかここ自体駐車場でなくその手前の林道です。

ささっとザックを車に放り込み、よし温泉温泉。




Dscn0244a

増富の湯で汗を流します。
ここ いいねぇ。源泉掛け流しで 37℃ 30℃ 25℃の湯船がありました。
疲れているときは熱いのよりもぬるいのが好み。
ぬるくっても30分入っていれば身体ポカポカになりました♪

ここの食堂でご飯食べたかったんだけど、混んでいたし、お目当ての定食はもう売り切れてた ^^; 残念だけどリベンジねたが増えました。

須玉ICの手前にあったバーミヤンで今年初の冷やし中華。
ドリンクバーの凍頂高山茶が美味しかったなぁ。




さて、お試しの次のステップは・・・どうしよう(笑)




« ポピーとたんぽぽ | トップページ | ロゲイニング再び »

コメント

一度行ってみたいと思っておりましたが、写真を見るとテンションあがりそうな稜線ですな~

ところで山頂の写真、なんかスリムに見えるけど写真縦方向にリサイズしてない?

>Nori8隊長
なんてたって森林限界の上ですからねぇ
ただ今回は富士が薄らぼんやりとしか拝めませんでした
リベンジしないとねぇ

写真は・・ 水分が抜けて出涸らし状態だったのかもしれませんねーw

むむ。このルートの地図を作った覚えが・・(笑

五丈岩は一度実物を見てみたいと思ってるのですが、やはり行くのは
大変そうですねー うーむ。

>く~ま~さん
作成者としては実地でチェックしていただかないと!
でも大弛側からなら行けるんじゃないですか?バイク&ハイク(笑)

テツさん、こんばんは~♪

ご飯美味しそうじゃないですかぁ!
2山登れて、ここはなかなかいいテント場ですよね。
最近はゆるゆるばっかりで瑞牆だけになってるので反省です。
金峰山の陵線って素敵ですよね。あそこは感激したっけなぁ。

わたしたち、小仏渋滞が怖くて増富の湯に寄らなかったのだけど
寄ってたらばったりしていたかも知れませんね。
残念なり。

次のステップは・・・どこがいいかしらね!

>矢車草さん
ほんとニアミスは残念でしたー
またいつの日にかということにしておきます。

重い荷を背負って歩くだけで精一杯、ご飯の質まではまだまだ手が回りません。まぁお腹が空いていれば、それに外ご飯なら普段の5割増で美味しく感じますけれど(笑)

次のステップは・・・どうなることでしょう
ワクワク二割、心配が八割ですよ!

金峰、瑞牆、いいですね~
金峰行きたいなぁと最近すごく思っていたので羨ましいです!
甲斐駒、仙丈も同じような感じで登れますが、夏あたりにいかがでしょうか?

>yuzitoさん
瑞牆のアスレチックや山頂からの眺望もよかったけど、金峰の空に向かって延びる稜線はたまりませんよ 是非♪

甲斐駒・仙丈も北沢峠をベースにいけますね。
まぁ距離が金峰・瑞牆より長いので時間的に連続で・・はどうかなぁ(歩くの遅いし写真撮るし、バスに間に合わないw)
でもどちらかひとつなら仙丈です。小仙丈カールの向こうに山頂が聳える眺めをこの目で見たいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポピーとたんぽぽ | トップページ | ロゲイニング再び »