« 癒しの焚き火 | トップページ | 登山部合宿 ~ 牧峠スノーシューツアー »

2013年3月25日 (月)

花より雪見 ~ 牧峠スノーシューツアー

Imgp0361a

埼玉では桜が見頃というのに・・・ なぜか雪景色とは ^^;
ちなみに画像はモデルさんによるイメージですw

ウィンターシーズンの締めくくりとして飯山で雪と戯れてきました。
スノーシューを始めたのも飯山でしたねー。あー懐かしや(笑)

気分としては青空と雪景色、日本海もバッチリだったんですが・・・

Imgp0325a

いやいや、日本海どころか稜線すら見えないっす。
まぁこんな天候が多いからこそこの積雪量ってことはあるんですけれど。

今回はなべくら高原森の家でインストラクターをお願いしました。
標高千メートル未満とはいえ雪山には違いない。安全第一がモットーのFL登山部ですからね。


Imgp0326a

では出発!標高差は300mくらいだっけ?
ゆっくり参りましょう。


Imgp0328a

天気がよいと下界がばーん!
なんですけどねぇ、靄って見えねぇっすよ ^^;
雪の上にはウサギとかテンとか?足跡多数発見できました。


Imgp0331a

段々畑を上がってブナの森に向かいます。
タムシバの枝が苦いガムの味ってことを知りましたよ(笑)
3月も半ば過ぎなので流石にふかふかの雪ではなかったけど、まぁこの方が歩きやすいですからね。2月のこのあたりはラッセルラッセルしないと進めませんしw


Imgp0335a

あー それにしても白一色。
予報だと回復傾向なんだけどね。
つーか風もじょじょに出てきたし。体感気温も下がって休憩は短め。


Imgp0338a_compressed

ブナの森をしばらく登っていくとブナの大木。
鬼ブナと名づけられているそうです。
ここまで大きくなると風格というか気圧されますねー。


R0019120a

とりあえず ハイポーズ♪
皆いい顔してるぞ。

鬼ブナからまた少し登ると・・・

Imgp0342a

牧峠に着きました♪
峠は道路が通っていて切り通し状なんですが、左っ側の雪は吹き溜まって積みあがった雪の塊なのです。んで手前側の道路と法面は雪が飛ばされてました(笑)

R0019126a

反対側のわれわれもハイポーズ♪
立ち位置、手前も後ろも切り落ちてたのです 怖っw

流石にここは風がピューピューだったので少し戻った林帯でお昼にしました。



Imgp0345a

ツェルトで風除けを張ってちゃちゃっとランチ。
食べるというか流し込むw いやいや寒いんやからしゃあない ^^;


Imgp0347a

花見ならぬえびの尻尾見。
こうしてみると日本列島は季節の移ろいが豊かなんだなぁ、と思いますね。


Imgp0349a


ランチを20分くらいで済ませてさっさと下山へ。
登った分は降ります。雪山ならではのお楽しみが待っている~。


Imgp0360a

何で今頃(笑) 晴れ間が顔を覗かせた ^^
まぁでも気持ちいいよね。青空に雪景色は。

さて、一月前なら斜面を駆け下りるところですが、雪がしまってきた今はこれだ♪



Imgp0353a

けつぞりタイム(笑)
つーかプラゾリとか肥料袋でGo!みゆきライスが流行ブランドw


Imgp0355a

これ もう面白すぎ~。雪まみれです。いい歳してw
でもいいのだ。斜面は全部滑ってやる~。


R0019133a

R0019161a

R0019167a

最後は青空で締め。気持ちよかったっす。
雪まみれも楽しいのです。

ツアーは無事終了となりました。
長くなっちゃったので続きはまた別で書きますね。


« 癒しの焚き火 | トップページ | 登山部合宿 ~ 牧峠スノーシューツアー »

コメント

下から3つ目の写真はケツゾリというより、滑落って絵柄ですなw

>Noriピ

あそこなら滑落停止訓練できましたねw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 癒しの焚き火 | トップページ | 登山部合宿 ~ 牧峠スノーシューツアー »