« 鹿島槍ヶ岳その弐 ~ FL登山部 | トップページ | 苔生す源流を遡って甲武信の頂へ ~ FL登山部 »

2012年9月22日 (土)

燕岳 ~ おひとりさま登山部

Imgp0252a

ちょっとトラブル発生で表銀座は歩けなかったけど、槍を見ながらの珈琲♪

最高!!

 
 

9/19(水)

今週いっぱいは夏休みを取りましたので、鹿島槍を終わって2日をおいてまた北アルプスです。

行程は

9/19 中房温泉 ~ 合戦尾根 ~ 燕山荘
9/20 燕山荘 ~ 燕岳 ~ 燕山荘 ~ 大天井岳 ~ 大天荘
9/21 大天荘 ~ 常念乗越 ~ 一ノ沢

ソロで2泊の山行は初めて。でもシミュレーションは何度も重ねたし、メジャールートだし。
あとは気持ちがあればOK。行ってみましょう。

Imgp0187a

前泊地からバスで中房温泉に入ります。
快晴じゃないけど、予報だと快方に向かうはずですが山は別だからね。

7時40分 スタート。北アルプス三大急登 合戦尾根です。

Imgp0188a

ヤマレコなどでは、よく「三大急登っていうけどそれほどじゃ・・・」みたいに書かれてますよね。確かに登り出しこそキツいと思ったけど、山道自体はきちんと整備されていて苦戦するというほどじゃない印象を受けました。とても楽勝だー なんてことは言えませんけどw

Imgp0190a

登り出して40分。第一ベンチに到着です。
水場があるんですが、まだたっぷり残っていますので少し休憩して上を目指します。

Imgp0191

登るにつれてガスが濃くなってきました。
まぁこれはこれで幻想的でいいかも。視界が利かない樹林帯の登りだしね。

ゆっくりゆっくり脚を前に。いつかは辿り着くでしょう。

Imgp0192a

第一から30分弱で第二ベンチです。
このあたりから雨っぽくなってきました。木々のおかげで体感するほどじゃないので、とりあえずここでザックカバーだけつけました。

Imgp0193a

雨模様ではあるけれど、気持ちいいトレイルだなぁ。

Imgp0194a

たまに視界が広がる場所はありますが、ご覧のように真っ白けっけw
下から見ると完全に雲の中なんでしょうね。

第三ベンチに向かいますが、雨はだんだん強くなっている感じ。
蒸すからいやなんだけど、もうそんなことは言っていられないな。

第三ベンチでレインウェア上下を着込みます。
ついでにカメラもザックの中に。なのに雨の時用と思っていた防水スマホを出し忘れましたw 合戦小屋までは画像なしでーす。

雨だし、蒸暑いし、ただでさえ遅いペースは更に落ちます。あれまw
でもたまにすれ違ったり追い抜かれたりする登山者に勇気をもらって前進!

Dsc_0102

富士見ベンチから先はまたちょっと急になったけど、11時無事に合戦小屋に到着です。
補給して、ゆっくり休んで、燕山荘に向けて更に一歩一歩♪
スマホ救出できたので画像も復活です。

少し登って合戦沢ノ頭。約2500mです。もう森林限界の上かな。
ここからは尾根を詰めて更なる高みへ向かいます。

Dsc_0113

Dsc_0104

Dsc_0108

雨降りだけれど、緑が瑞々しくなって草木も嬉しそうに思えます。
丸い水滴が可愛いなぁ。

Dsc_0115

12時半 ようやく!
燕山荘まで5時間かかっちゃったよ ^^;  遅すぎやがなw

とりあえず受付を済ませて、濡れたものを乾燥室に放り込みました。
で、割り当てられたスペースでザックの整理をしていたら・・・

とんでもないミスに気がつきましたw

「車のキーが ないよー」  おひおひwww

車を停めたしゃくなげ荘の駐車場でロックしたのはきちんと確認しています。
としたら、駐車場からバス停までの間で落としてる? うそー ^^;

ここで一人作戦会議。速攻で降りるか、明日降りるか、無視して続行か。
車の中にはスペアキーがあるので、ロードサービス呼んでキー解除してもらえばOKなんだけど、最悪の場合考えると能天気に縦走してる場合でもないよねぇ。

もう1泊はあきらめて明日下山しよう。つまらないミスでほんともったいないよー(泣

Imgp0195a

そんなこんなでお腹が空いたw
てんぷらうどんで暖まろ。オーダーしてから、あ 出汁が関東風だとやだーって思ったけど、ありがたいことに関西風だった ^^ 未だに関東のうどん出汁は飲めません。

Imgp0199a

たまに青空も見れましたが、この日は結局曇ったまま。
北アルプスに夜が訪れます。夜といえば・・・

Imgp0201a

ごはんごはん ^^
明日への活力です。ご飯もしっかり三膳いただきました。
高所でこれほどのご飯をいただける。山小屋って素敵だなぁ。

明日晴れるといいなあ、と念じつつ、床に就きました。

9/20(木)

朝4時に起床。着替えてとりあえず空を見ます。
星が! すごいね。天の川もクッキリ見えるよ。

Imgp0211a

5時の空。東側は雲の海ですね。

Imgp0220a

西側 ・・・ おー 槍がクッキリ♪

Imgp0224a

日の出が近くなって、西の空も紅みを帯びてきました。
なんといっても人工音がない山の朝。気持ちいいー♪

Imgp0229a

槍も穂高も大天井も朝陽に染められていきます。
あー このトレイル 歩きたかったぜw

Imgp0231a

5時40分 雲を分けるように朝陽が差し込みます。
おはよー 今日もいい日でありますように!

平日ということもあって、燕山荘の泊まりは約50名。
そういうこともあって、食事の時間は日の入り後と日の出後に設定されていました。
心遣いに感謝です。

Imgp0236a

朝ごはんもしっかりいただきました。ご馳走様でした。

後は降りるんですが、燕の山頂は踏んでおきましょう。
やりたいこともあるしね。サブザックで天上の散歩です。

Imgp0238a

イルカ岩ってこれだよね。たしかに・・・イルカやんw
イルカくんと槍のツーショット♪

Imgp0243a

振り向くと槍ヶ岳♪楽しいねー。脚も軽やかだ。
サブザックだから重いと困るんやけど ^^;

Imgp0246a

30分弱で燕岳(2763m)のピークをゲット!

 

Imgp0256p2

槍ヶ岳から双六・鷲羽・水晶へ連なる山並みです。
絶景ですねー。人気なのも頷けます。
双六あたりも行ってみたいなぁ。妄想中w

あ そうそう。山で是非やりたいミッションを遂行しなければ。

Imgp0247a

コードネーム 「槍見の挽きたて珈琲♪」
鹿島槍でもやってみたかったけど、時間がかかるので遠慮したのです。

珈琲豆は前々から気になっていた「美麻珈琲」さんで買いました。
もちろん豆のまま。右にあるポーレックスのコーヒーミルでガリガリ挽きます。

挽きたての珈琲は香り高い♪それをペーパードリップでおとしていきます。
受けるのは買ってし魔王にしてやられたノダテマグ。栃をくりぬいて漆で仕立てた高級wマグカップなのですよ。

Imgp0252a_2

素敵な風景に美味しい珈琲♪
埼玉の低山やキャンプでは何度もやりましたが、こういうところで飲むと格別に思えます。

至福の一杯をいただいたところで、名残惜しいけど戻らなきゃ。

Imgp0245a

Imgp0255a

Imgp0261a

燕山荘に戻る30分ほどのトレイル
ほんとに感動の眺望です♪

脚がぜんぜん進まないよー
ここでこうなら表銀座の稜線歩きは・・・ あー 羨ましいw

Imgp0264a

振り向くと燕岳。こうやって見るとあらためて燕の山頂ってかっこいい!
また来るよ♪

山荘に戻って、パッキングしなおして後ろ髪を引かれつつ合戦尾根を降りますか。

Imgp0265a

ここももう秋です。紅葉時期は混雑必至なんでしょうね。

Imgp0267a

サクサクッと合戦小屋。
登りは雨降りで考えもしなかったけど、やっぱり合戦小屋と言えばね

西瓜♪ 1/2にしてもらいました。あー 身体に沁み込む 美味しいー。

Imgp0269a

合戦尾根は今日もガスってます。
歩きながらふと思いつきました。「車のキー、しゃくなげ荘に届いてないかしら」
なんとなく玄関先で落とした公算が高いかなと・・・。

まぁもうじき答えは出るでしょう。

Imgp0273a

11時半、無事に中房温泉まで降りてきました。
ここでしゃくなげ荘に電話。

「車のキー 預かってたりということはありますか?」
「あー ○○さんですね。届いていますよ」

あー やっぱり orz  脱力しました。でもよかったぁ。。。

よく考えれば燕山荘で思いついていればピストンしなくってもすんだのにな。
まぁすんじゃったことは今更変えられませんw

続きは次回にしましょうかね。山は逃げない♪

 

« 鹿島槍ヶ岳その弐 ~ FL登山部 | トップページ | 苔生す源流を遡って甲武信の頂へ ~ FL登山部 »

コメント

怪鳥!!
去年このコース登りましたが確かに登りがつらく高山病の症状でふらふらになり動けなかったです。
アルプス銀座を縦走できなくて残念でした。
自分は富士山に日帰り登山してきましたが、全体にあるぷすの方が楽しいっすね

潮先生

ゆっくりペースだったのでなんとか登れましたよ
縦走はまたの機会にいたします

富士山日帰りですか・・・ そりゃまた ^^;

表銀座に裏銀座、槍ヶ岳も間近で見ると行きたなっちゃいますよね~

ところで山頂カフェは前日に予約しておくと挽きたてのコーヒー飲ませてくれるんですよね?
今度連絡先を教えてくださいw

鍵見つかって良かったね~

鍵見つかってよかったですね。
うーおれも行きたくなってきた。

隊長
お代は労働でお支払いを。荷物担いでくださいw
続きはまた行かなきゃね

kakiちゃん
泣きそうでしたw その割には余裕こいでましたがww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鹿島槍ヶ岳その弐 ~ FL登山部 | トップページ | 苔生す源流を遡って甲武信の頂へ ~ FL登山部 »