« JapanCup2009 | トップページ | 鮭と鰻 シリーズ化? »

2009年10月31日 (土)

紅葉求めて上野村へ

P1040387

秋の好日。紅葉を求めて上野村遠征です ^^

 

とてもとても自走なんて選択肢はありません(笑
高速ETCの恩恵を受けつつ下仁田経由で現地着 8時です。
いや、しかし遠いです。

着くと同時くらいに別行動のワニガメさんが出走していきました。
どうやら十国-八千穂-ぶどうと廻ってきたらしいっす。すげーっ。

我々も8時半くらいに出発。

P1040361

旧道をまったり。天気がよくって嬉しい ^^
この先尾附から橋倉川に沿って登るのですが ...

本日のコーディネーターはあかさん。
予め「道案内はしない!」との但し書きありでしたが、ヤラれました(笑

気がつけば万葉まで1kmの標識。ありゃりゃ10kmのミスコースw
さすがといえばさすがなんですけど ^^;

 
しょーがないので来た道を戻り、このあたりかな?ってところで
あかさんが農作業していたおじさんに確認。

「行くんかい。たいへんじゃぞ」と言われた先は。。。

P1040364

いきなりコンクリ。間髪いれず。。。

P1040365

絶対20パーセントオーバーですって ここw
もう少しまでは上がったんですが、車通過で力尽きました(笑

 

P1040367a

上から見ると先が見えない。恐るべし上野村(もしかしたら神流町)。

この先も緩やかに登りつつ、なぜか集落のなかが激坂 ^^;
疲れるのぅ、とぼやきつつ橋倉・八倉とこなします。つか押しもあり。

P1040369

橋倉集落を上から望む。
もうね、むりやり道路をつけていると勘ぐってしまうくらい(笑

P1040370

八倉の集落?
国道からこんなに登ったところにも人の営みがあるんですねー。

でも天気いいし、景色も素晴らしいです。

 

八倉集落の激坂をなんとか登りきったところでカラータイマー点滅。
よく考えりゃろくに補給してないやん orz

P1040371

ここから先は激坂はなくなりましたが、脚が回りません(笑
いつものこと!っていうのは内緒です。

ゆっくりゆっくり景色を愛でつつ、写真を口実に休みつつw
12時過ぎ ようやく八倉峠到着。腹減りすぎなのだ!

余裕がなく、飯の写真はなし。
皆さんストーブ持参で暖かいランチを ^^
く~ま~さんに戴いたトシノコーヒー謹製スペシャルコーヒーで一服。
美味しかったです。ご馳走様でした。

P1040378

ちなみにランチはここで。
この崩落はもう直さないのかな。生半可じゃ復旧できなさそう ^^;

モデルはすっかり旅なれお昼寝姿も板につくおやぢさんです。

 
山間の日は短いです。補給もバッチリ。さぁ行きましょう。
塩乃澤峠経由でデポ地点に戻ります。

P1040383

ここから先は緩やかな下りで快適快適 ^^
紅葉の景色を目にするたび停車してパチリパチリ。

P1040385

P1040388

P1040392

P1040395

秋の風景を満喫 ^^
気持ちのよいクルージングは15時帰着で終了。

みなさまお疲れ様でした。

 
さてと、走ったら温泉です。お約束です ^^
「しおじの湯」へ。ワニガメさんも無事到着でした。

冷えた身体を芯から暖めて。
暗くなり始めた山間の村を後にして来た道を引き返します。

 

東松山でカロリー補給して、20時無事帰宅。
距離はさほどではなかったけど、楽しく紅葉を愛でるツーリングとなりました。

« JapanCup2009 | トップページ | 鮭と鰻 シリーズ化? »

コメント

もう寝る…ちかれた。。。

>らんたさん
こちらももう沈没寸前w
お疲れっした!

お疲れさまでした!
私もヘロヘロです〜
確かに前半がかなりキツかったですね(^^;
私・・そこですでに足に余力が無くなったようで
後半もヘロヘロでしたよ。。
もっと頑張らなくちゃ〜(^^;

また是非ご一緒させて下さい〜!

お疲れでした!
ミスコース、劇坂と申し訳なかったす。
まぁ、のんびりツーリングだと思って我慢してくんさい。
また宜しくです

土曜日は激坂はのぞいて、天気も良かったし紅葉もキレイで楽しかったですね!
テツさんはマメに撮影してるんですね〜。
激坂の写真撮っておけばよかったです(汗
またよろしくお願いします。

>く~ま~さん
ゆっくりで私的にはOKなのです(笑
進んでればいつかは着きますから ^^

>あかさん
謝ってすむ問題じゃ...ww
まったりツーリング行きましょう!

>なす子さん
激坂はおまけです。まぁたまには良し ^^;
写真は気が向けばバシバシと。向かなければ全く(笑

この記事へのコメントは終了しました。

« JapanCup2009 | トップページ | 鮭と鰻 シリーズ化? »