« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月26日 (日)

回復に非ず

土曜はけっこう乗った感があったので、今日はほどほどに。
木曜:栃木 土曜:群馬 とやはり常人ではなかったヘンタイ長も、さすがにお疲れのようで、回復走という触れ込みに募集しますた。この時点で騙されています(笑

昨日確認した時点では、隊長よっちさんとtanyさんがご参加。kaoさんは別ルートと言うことで、んー かなり面子的に不安だ ^^;
   
   
 
8:00にいつもの新上江橋東詰めに行ったらば

おー あかさん登場! よかったぁ ^^
  
 
じきに よっちさん tanyさんもいらっしゃいました。
tanyさんは前に一度定峰の登りで少しだけお話をいたしました。
LeMondのかっこいいクロモリに乗っていらっしゃいます。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
とりあえずは鎌北湖に向けてGo!
よっちさんスペシャルルートで一本松の交差点に到着したところでなにやら作戦会議。

よっちさん 「鎌北湖の向こうに五常の滝っていうのがあるんですけど・・・」
向こうって ・・・ 地図を見せていただくと細いルートが・・・

これって ・・・ 林道 ってやつですか(笑
 
 

Rimg0003_4
西部武蔵横手の脇から入ります。
やっぱ 林道(爆
 
 
滝までは1.9kmということなので、こっからはいつものごとく一人旅っす。
出だしは渓流沿いの緩やかな登り。個人的にはいい感じ ^^
 
 

Rimg0005_8
と.ところが...

滝までもう少しというところで  でたなぁ! コンクリ舗装(爆
斜度が一気にアップ 私はあっぷあっぷ ^^;
 
 

Rimg0006_3
なぜにコンクリ舗装の途中にあるんじゃ
思わず降りてしまって再乗車叶わず(涙  

押しました ヽ(ー_ー )ノ
 
 

Rimg0008_1
滝の上部にて。強くなった感慨に耽るあかおやじ ^^
 
 

Rimg0009_5
滝からもさらに登って登って 景色もいいなぁ

..... これって山じゃねぇか(爆
 
 

Rimg0011_3
ひぃひぃ言いながら、やっとのことでGLとの合流点に到着。
上り口からは 約3,200m  平均斜度は7.2%でした
コンクリ舗装までは 1,480m/4.4%
そこからは 1,720m/9.8%
コンクリ舗装部分は 300m/14.3%でございました。

リハビリにならねぇぜ(爆笑
 
 
GLを鎌北湖に向かって下り、紅葉目当てのカメラマンでごった返す湖畔に到着。おー なかなかいいんでない?湖面と紅葉っていう取り合わせがよいなぁ。水面にきれいに写り込んでいたらもっとよいんだけどね。

Rimg0015_5 Rimg0016_5 Rimg0019_5

無料サービスされていた「ゆず湯」をいただいたりして、しばしまったり。
時間は10:30過ぎ。微妙な時間ですねぇ どうしましょう?

「滝の入でも行きます?」 by よっちさん
 
 
今日は坂登れませーん って幻聴であったか(爆
 
 

Rimg0033_2
行っちゃいました ^^;

もうヘロヘロっす。超スローペースで登坂。
道がわかっているアドバンテージの部分、ここを過ぎればもうちょいだって思えますもん。
ピークかと思ってもさらに登っていたらがっくしきちゃうことありますものね。

なんとかこなして、一路昼飯! 今日は甚五郎うどんです。
 
 

Rimg0036_4
山吹うどん(うろ覚え・・)
白醤油仕立てで関西風なうどん。ご馳走様でした。
 
 
 
さて、自称回復走であるし、天気も下り坂やし、帰路につきます。
 
.....

常に30km/hオーバー ^^;
 
 
実は甚五郎からの帰り、左のクリートが入りませんでした。
漕げるし、いいやということで。

あかさんとお別れしてから、しげしげと観察
 
 
靴にクリートついてへん!
ねじが抜けてペダルについていました(笑

そら入らんわ * ・・ ・・(o_ _)o
速攻 ARAIさんでクリート買いました。
整備不良で面目ないっす。。。
 
皆様 お疲れ様でした。
 
 
 
本日の結論 : リハビリにならんかったぜ(想定内か?)
本日の走行距離 : 103.1km

2006年11月25日 (土)

天に向けて

コメント 閲覧のみになっていました 深謝。。。

朝の気温は冷え込むものの、一日晴れとのこと
風邪も治ったし、寝ているのはもったいない と出撃しました。
   
   
7時過ぎに家を出ます。上は長袖アンダーウェアに半袖ジャージと中手の長袖ジャージ。下はレーパンにレッグウォーマーでスタートです。

途中道を間違えたりして ^^;
永田のセブンには8:30くらい。ここまででちょっとお疲れモードです(笑
おにぎりで補給に努めます。
   
   
その先 r70からr350へ右折。いつもの仁田山峠を目指します。
紅葉はもうほぼ終わりといった様相。ところどころでちらほらある感じでした。

Rimg0001_2
いつものところで ^^

Rimg0002_4
で、またまたいつもの原市場名栗線へ
中沢分岐を右に行く日ははたして???

今日はなんかいい感じに登れます。ちっと嬉しいぞ。
竹寺との分岐からは過去最速(当社比ですが)でピークに到着!

Rimg0004_3
これが噂の自転車ラックですね
自転車乗りに優しい行政 全国で流行らないかなぁ

登坂中は暑いんですけれど、止まるとすぐに汗が引いて冷えてきます。やっぱり冬間近なんですね。
さらに下りは寒いです(泣  日陰も寒いっす(涙
   
   
r53まで下りて右折。次なるは山伏峠を目指します。
相変わらずいい感じ。もしかして強くなったか(爆

Rimg0005_7
ちらほら紅葉の図

Rimg0006_2
山深い集落ですよね。真ん中に道があったように見えたのですが、登れるのかな?絶対いやですけど(笑

Rimg0007_5
もうひと踏んばりして、この先山伏峠
下から休まず登れた (^▽^)V
仁田山下の分岐から45分かかってますけど いいもんね

自己満足 <( ̄^ ̄)>
 
 
で 山伏峠もそのまま通過。正丸峠へ向かいます。
元気プラザ下から峠までの登りは良い加減の斜度 すばらしい ^^

Rimg0010
峠だ!3つ目 いい感じじゃないっすか ^^

Rimg0013_3

ハイカーの人とお話したりしてしばらく休憩。天気いいし、ハイキングも気持ちいだろうなぁ。けっこうひっきりなしに歩いていかれました。
   
   
さて 下りっす。
寒いんだよなぁ ^^;  念入りにウィンドブレーカーまで着て いざ!

でもやっぱり寒い(泣 おまけに天気はいいんですが、そのぶん日向と日陰の明度差がありすぎるのか見づらいっす。事故るのはいやだし、ゆっくり下ります。

Rimg0014_7
えーっと パス ^^;
   
   
今日のお昼はここにしようと決めていました。
「峠のごはんや 宇ぜん」

きーじぇいさんのエントリーで 「ぜひ行きたい」と...

Rimg0016_4
おー 空いてる ^^

ところが 入り口に手書きの断り書きが
   
   
「本日は貸切により 云々...」
   
   
ぬわにぃ~~  
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

殺生やで あんさん。。。
   
   
時間は12時。すんげー腹減っております。
どうしようかなぁ R299をそのまま下りるのは怖いし。

で 不本意ながらオプションプラン実行!
名栗に戻ってHAMAに行きましょう。また山越えるけどなにか(笑

r395で天目指峠へ

Rimg0017_4
始めは沢沿いの緩い登りで快適 ^^

Rimg0018_5
ハンガーノックはいやなので登る前に薄皮クリームパンで補給
しかし、水がきれいっす。
 

Rimg0020_3
ところどころの紅葉はやはり美しい。晩秋の風景を堪能。
子の権現との分岐を過ぎて、鋭角に切り返した辺りからきついパートの登りです。

Rimg0021_3
こんな感じ 九十九に折れてガンガン登ります
うー きついぜ

Rimg0022_4
峠直下はこんな感じ (^-^; ・・・・
で...

Rimg0023_4
到着ぅ~  チカレたです

相前後して外人さんサイクリスト集団も登場。
タッパもありますが、フレームでかっ!
roubax君とえらい違いや
  
 
外人部隊はまだ後続があるようなので、先を急ぎます。
空腹を何とかしなければ(笑

またまた、下りを慎重にこなしてr53に戻ります
うっしゃ もう登らないぜ。なので有間ダムもパス(笑
 

Rimg0024_3
今日のHAMA
とろたまハンバーグをチョイス  
お子ちゃまなのでハンバーグ大好きなのです ^^
   
   
ガッツリ補給して もう14時。帰らねば。
r70を快調にGOGO!です
   
   
だけど甘いものは別腹(笑
前から行ってみようと思っていたお店に寄り道

Rimg0030_1
飯能市街にある 新島田屋
これが食べたかったのです

Rimg0027_4
味噌つき饅頭 一串200円です
餡の入った酒饅頭を軽く炙ってから甘辛の味噌を塗っています。
見た目はでかいですがペロッといっちゃいました。

満足 満足 ^^
   
   

Rimg0032_4
夕暮れの景色を見つつ 16:30帰宅です
気持ちよかったぁ!
   
   
   
本日の走行距離 : 115.6km

2006年11月21日 (火)

レベルアップ ?

噂では近頃「荒川控えめな走り”三銃士”」なるものが結成されたらしい
控えめとは言っているものの、皆さん速い&タフなのだ
 
 
そんな三銃士 最近はなにやらレベルアップに目覚めたらしい
筋トレやらローラーやら、禁煙にまで及んでいるのである。

こりゃちっと拙いぞ ^^;
なんとかついていける方々がパワーアップしちゃったら、置いてけぼりでないのぉ(笑
 
 
もとよりスピードには拘りはないのであるが、ついていけなくなったら一緒に走れんもんね。ここはなんとかせんと。

筋トレ? ローラー? 禁煙やる必要はないが...
 
 
今までローラーなんぞやる気にもならなかったけど、お尻に火がつけばやれそうな予感(妄想?)。あきそうな惧れがかなり高いのがネックだが。
あれってやっぱり煩いんですかね。借家ゆえ、近所迷惑は避けねばなりませんので ^^;
どなたかお試しレンタルさせていただける方募集しようかしら。
 
 
とりあえずは腹筋10回から始めるか(爆

2006年11月19日 (日)

おひおひ

今日はお天気が崩れるよう
っていうか風邪でダメダメなんですけど。

微熱と言うか、すっきりせぇへんなぁ
大人しく療養します ^^;
   
   
うちの愛車 ディーラーから電話がありました。
「すみません ばらしてみたら燃料パイプも交換が必要みたいです」
「錆びてガソリンがにじみ出ている状況です」
   
   
ぬぁにぃ~~ !

っていうか カリブ君大丈夫か ^^;
   
   
もう10年選手ですのでガタが来るのはしゃあないとしてもですよ
またまた んーみゅです(泣

もちろん替えてくださいとお願いしましたよ
早く元気になって帰ってきておくれ 待ってます

2006年11月18日 (土)

んーみゅ

なんか風邪だ ^^;
今年の風邪は性質が悪いらしい

今日はいいお天気なのにねぇ
名栗も峠のうどんもDNSっす

早く治そう

2006年11月13日 (月)

紅葉を求めて

久々の平日隊結成
ヘンタイ長のリクエストで中津峡&八丁越えに挑みまする。坂だ ^^;
   
   
川島に6時集合ということで、ウズラさんが迎えに来てくれることに。
5時過ぎにはもういらっしゃいました(笑

少しお待ちいただき、自転車を積んで出発です。
   
   

Rimg0005_6
川島のコンビニで よっちさん ピユキさん と合流
寄居経由でデポ場所 両神の道の駅に向かいます。
   
   

Rimg0007_4
道の駅で パークラさん とも合流
残念ながらヤマグチさんはDNSでした...
5人で出発 まずはR140を目指します
   
で このr37が意外にしんどかった^^;
身体が暖まってないのもありますが、いきなり登りは ヒィ~でした
   
   
R140に入ってからもじわじわ登っていきます
皆様 とっくのとうに先行 ^^;

Rimg0009_4
こんなところもぐるんぐるん登っちゃいます

Rimg0015_4
金かかってんなぁ この国道
   
   
ループ橋の先でR140から離れ、中津峡沿いにr210に入ります
渓谷沿いに紅葉の風景が次々と。
最盛期は少し過ぎた感じでしたが、まだまだ美しい!

Rimg0019_4
Rimg0023_3
Rimg0028_3 Rimg0035_4
休日はもっと人でごった返すんでしょうが、平日隊でよかった ^^
   
   
途中、売店で売っていたピリ辛こんにゃくで補給
ん? こんにゃくはエネルギー源になるんか??
   
   
Rimg0042_4
ここをくぐって、いよいよ八丁への登りです

距離は走っていないので、何とか脚も残っていました
斜度もさほどないので、相変わらずヒィヒィ言いながら踏んでいきます

Rimg0044_1
雁掛トンネル
ここもけっこう暗かったですが、今日のメインはまだ山の上です

Rimg0047_2
日窒鉱山の採掘場
これはなんだろう 社宅跡?

ちなみに「結晶質石灰石と珪砂を採掘」し、「重質炭酸カルシウム・シリカ・リシン等を製品化」しているらしいです
なんだ それ  見当もつきません ^^;

郵便局を見たかったのですが、見はぐってしまいました(泣
かわりにこれ

Rimg0046_2
銭湯  昔は賑わっていたんでしょうね
   
   
こっからはちょっと頑張りました 

先着ありえない(驚
って..他の皆様がマッタリモードだったのでしょう

Rimg0048_2
陽当たりのいいところでお昼
おにぎりやらアンパンやら  たまにはシンプルなお昼もいいねぇ
   
   
Rimg0055_3
もう少し登って
今日一の難所? 八丁隧道

Rimg0057_2
全長は約1km  中は照明もあるのかないのか真っ暗っす ^^;
ここを通るために買ったライトのおかげで何とか無事通過 (・_・)v
でも中は寒かったっす。この辺りは標高1200m超
どれくらい寒いかと言うと

Rimg0066_3
トンネル出口の水溜り  凍ってました(笑

Rimg0062_1
反対側からは、山また山の眺めが望めました
ここからは下り  やったーと言いたいところですが

寒い~~~!!!

太陽が山に遮られて日陰が多くって
それに気温も低いのでしょう

指切りグローブでなくってよかったぁ
むき出しの指ではブレーキレバー握れないぞ あれは ^^;

Rimg0068_4
下って下って。。。
R299 志賀坂峠付近に合流
んー ここって群馬県だったんだね

Rimg0070_5 Rimg0071_1
志賀坂からお決まりのショット
下から登ると萎えちゃいます わたし
   
   
で、まっすぐ行くかと思いきや
ヘンタイ長勅命で中途を左折、林道西秩父線へGo!

ひぃ ^^; ご勘弁をぉぉ
   
   
先にも増して、ゼェゼェと登ります
んーみゅ ここの傾斜が一番きつかったような...

Rimg0074_2
二子山トンネルの先からは尾根沿いの下り基調で楽になりましたが、今度は予想外のダートが 
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

写真の箇所は30mくらいでしたが、この先にも ^^;
何気にけっこう長かったです

教訓:下調べは大事だ!

Rimg0075_1
ダートを抜けて和む皆様
   
   
また登ってしまったので、またまた下りが。。。

グハッ! 寒すぎ!!
お山の夕方はとてつもなく寒かったです
もう冬装備は必要ですな

Rimg0080_1
下りに下って
ここはどこ?

小鹿野方面に向けて、ここから最後の登り
ヘロヘロながら、なんとか4時 デポ地に帰着

お疲れ様~ ^^

Rimg0082_1
ここの道の駅は温泉併設です
当然 温泉でまったり  ふぅ~ 極楽じゃ

ここでタイムアウトのパークラさんは一足先に帰途につかれました
また走りに行きましょう!
   
   
Rimg0084
腹ペコの4人には これでしょ
鹿の子のカツ丼  いやぁー 美味いっす

帰りはR299 正丸経由で帰りました 8:30帰宅
運転手 ウズラさん  お疲れ様でした
   
   
よっちさん ピユキさん パークラさん ウズラさん
どうもありがとうございました
   
   
   
本日の走行距離 : 80.1km

2006年11月12日 (日)

凹む

今日はものすごくいいお天気 しかし風強し ^^;

荒川な皆様は名栗へ行くようですが、残念ながら所用でDNS
集合が9時ということなので、顔だけ出しにFELT号でポタリング出発!
   
   
ほんま、マジに風が唸っております。風だけはもう冬の荒川だなぁ
でもその分お山がきれいに見えます。富士山もくっきり ^^
   
   
治水橋からぐるーっと上江橋を目指します。
ぐっ ^^; 進まん 重~い
上から下ってくる自転車はすんごい速度でかっ飛ばしています。。。
   
   
上江橋にはすでに あかさん kaoさん ひゃくさんの姿。
ついこの前までは半袖ジャージだったのに、季節はもうじき冬なんですねぇ
あかさんは久々に本気モードの565 アーンド サングラスでした。

まもなく、kumaさん ワニガメさんも到着
ブリーフィングで名栗行きが決定されたようです ^^

「橋渡ったら落ちますねぇ」と出発
ポタの服装ではやはりペダルが回せません なんとかついていって橋向こうで離脱

あれ?一人増えてる??
いつのまにか よっちさんが。。。
明日はよろしくお願いしますねー とそこでお見送り
のんびりモードに戻って帰途につきました。
   
   
で 今日のメインイベント
カリブ号の修理でディーラーさんに向かいます。

ブレーキの遊びが異常に大きくなりまして(泣
これはヤバいんでないの?ということで診察です。
   
   
診断結果:
「ブレーキチューブが錆びて、穴開いています」

!Σ( ̄ロ ̄lll)
はぁ?  マジですか(驚
   
   
ブレーキオイルが少しずつ漏れていたのが原因らしい
いやぁ 事故せずに本当によかったです。

当然即入院 
また お金が飛んでいくぅぅ~ ~(>_<。)\
   
   
すっかり凹んで、残りの用足しもそこそこに家に帰りました ^^;
   
   
   
本日の走行距離 : 22.3km

2006年11月 9日 (木)

あれ?

先日の軽井沢行きの際、下りで手がかじかんでしまったことがあって、「これからますます気温下がってくるしなぁ」とフルフィンガーで薄手のグローブを探しておりました。
昨日は池袋で2件覗いてみたけどいいのがなくって出直し。
今日は閉店間際にY's新宿に飛び込んでまた物色。で、いいのがありました Get!

Rimg0003_3

自転車ともお揃いってことで ^^

なぜかこういうものも

Rimg0004_2

自転車ともお揃いってことで (爆
今頃半袖かい  最終セールで安かったのでついつい...

2006年11月 8日 (水)

僕の歩く道

今クール(10-12月)見ているドラマが3本あります。

「のだめカンタービレ」
「Dr.コトー診療所2006」
「僕の歩く道」
   
   
偶然にもフジ系列ばかり。

「のだめカンタービレ」は予想以上に面白い!原作は読んでおりませんが、番宣を見ていた限りはもっと現実離れしたお話かと思っていました。クラッシックが身近に感じられて、コメディタッチっぽくありながら芸術の香りも漂います。今回一押しかも。
   
   
「Dr.コトー診療所」は続編が何回も作られる人気のドラマ。思いっきりハートウォームな流れで貫かれています。今回は柴咲コウの出番が減ってちっと残念。でも癒されます。これを見て「よっしゃ。あと1日頑張って休みだぁ」となるのです^^
   
   
「僕の歩く道」は道シリーズ?の3作目。最初の「僕の生きる道」は面白かったっす。2作目は見ずじまい。で、今作は んー ちょっと微妙。自閉症の青年が主人公で、現実と照らして表現があっているのかどうかは判断できませんが、いろいろと考えさせてくれる番組だと思います。笑えるとか面白いとか、そういう指向性は持っていないドラマ。これからどういう風な展開になっていくのか興味はあります。

主人公テル(草彅剛 ← 字合ってる?)が好きなものが自転車。
ツールのゴールスプリントを見ているシーンがよく出てくるし、彼は歴代優勝者の名前を暗記している 凄ぇです ^^
着ているものにいつも黄色(ベストだったりシャツだったり、スーツでもネクタイが黄色系)が入っているのは、マイヨジョーヌを意識しているのかなぁ、と思っています。

後半への伏線か、謎のローディなる人が毎回登場します。60万円のロードバイク(メーカーわかりません ^^;)に乗っていて、仕事帰りのテルと公園の道路らしきところでよく顔を合わせています。
信号はきちんと停まるし、暗くなるとライトをつけていて、正しい自転車のりなのですが、走っているのがいつも歩道というのがちょっとひっかかります。車通りもほぼない道路なので「車道走ろうよ」って、いつもTVに向かって突っ込みそうになります ^^;

テルは今その自転車を買うべく給料を貯蓄中。番組の中で買うまで至るのかなぁ。そのロードでがしがし走ってもらいたいぞ!ちなみにそのロードもフレームが黄色だったような。。。

2006年11月 5日 (日)

何気に自転車

今日は乗る気があまりなかったのですが、相変わらずいいお天気
昼過ぎからちょい乗りしてきました。
   
   
自宅を2時発、荒サイを今日は怪しいLSDで北上
LSDだ と言いながら 心拍計忘れちまった ^^;

25~30km/hで苦しくない程度に踏んでいきます。
今日は風がなくって走りよいです。気持ちいい!

水管橋までノンストップで行って折り返し
吉見の管理棟で小休止。缶コーヒーと羊羹で補給します。
ここまで30km 1時間ちょっとでした。なかなか良いペースじゃ
   
    
さて、この時期15時を過ぎるともう夕方の気配です。
日が徐々に傾いて、影が長く伸びていくなかを気持ちよく走れました。

帰りにARAIに寄って、先日ぶっちぎったチェーンロックの替えをGet
今度はダイヤル式にしておきました ^^
   
   
家に帰って、ツール・ド・北海道のダイジェストを見てから夕食
今はツアーオブジャパンのダイジェストを見ながらブログ書いています。

何気に自転車だった連休最終日でした。
   
   
   
本日の走行距離 : 63.1km

2006年11月 4日 (土)

サイクルモードに行ってきました

年1回の自転車ショー サイクルモード に行ってきました。

Rimg0590
午前中に雑用をカタして、14時前に会場入り
入り口では並ぶことなく入れました。

去年は初ロードを買うという目的があったので試乗に血道をあげておりましたが、今年は余裕です。縁日の屋台を覗いていく感覚でしょうか。

Rimg0594
FULCRUMRacing Light
めちゃくちゃ軽いです。
値段もめちゃくちゃですが ^^; 50万円超でございます 
んなもん買えまへんがな

でもRacing5あたりならけっこうお値段フレンドリーかも

Rimg0596
どこぞの温泉場でやっているマッサージ器の直販会みたい
最近よく見る、電気で筋肉に負荷をかけちゃおうというあれでございます。
効くんだろうけど、たぶんやらん。結構高いしね ^^;
   
   

Rimg0591
「funride」で連載を持っている伊藤理枝子さんの愛車
んーみゅ 金ぴか ^^ バーテープまでとはすんごいです。
   
   

Rimg0602
今日一番欲しくなったブツ
スペシャのトゥーペ チームというサドル
黒赤のカラーリングにぐっときちゃいました ^^
   
   

Rimg0604
Roubaixの07モデル
トップチューブがかっこいいんだよなぁ
   
   

Rimg0624
試乗できる、が売りのサイクルモード
特に ピナレロ・コルナゴ・デ.ローザ のイタリアン
ランス効果のトレックには長蛇の列でした。

そういえば仕事中?のはずのkaoさんがLOOK595の試乗に並んでいるとの怪情報をキャッチ。お会いできませんでしたが ... 便利な出張じゃ(笑
   
   

Rimg0600
今日のスペシャルゲスト イヴァン・バッソとイマニャカさんのトークショー。黒山の人だかりでした。
   
   

Rimg0629
こちらはパールイズミのブースで行われた、シューズ選びとペダリング講座。
講師は愛三工業の別府匠兄ちゃん MCは土肥志穂さんです。
なかなかためになりました。兄ちゃんのペダリングは美しかった。
そうそう 明日のスペシャルゲストは、別府史之さんです。
   
   

Rimg0632
今日、唯一試乗したのがこれ
 
kumaさんが来年買われるらしい?ANCHORRHM9pro
めっちゃ軽いです 羽が生えたように進みます。
でも買うとお財布の中身にも羽が生えます(笑
   
   
いやぁ 立ちっぱなしは疲れました。
来年は休憩ブースをもっと増やして欲しい。あと直販会というか用品の売店とか作ってくれると嬉しいなぁ。
展示会もなかなか楽しいものでありました。

2006年11月 3日 (金)

今日は超特急

3連休の初日、毎度の月次処理もなんとかやっつけて休みは確保。
名栗方面に行ってみようかなぁ、と思っていましたが、お誘いMailもあって熊谷に行くことにしました。
   
   
ちょいと遅い目の9時半に上江橋集合。
ストレッチなぞしていると kumaさん 到着。ほどなくして kaoさん もいらっしゃいました。
んー 先週はお座敷列車で鈍行並みだったのに、今日はわが身を省みもせず分不相応な快速トレインに乗車なのです。
  
大丈夫か(笑
   
   
そろったところで出発。身体が温まっていないこともありますが、いっつも出だしはきついんですよね。なんとかかんとかついていきます。
ま、春先は入間大橋までで終わってましたから、進歩してるっていえばそうともいえるのですが ^^;
   
   
吉見の管理事務所で休憩。ツーリング仕様で走っているグループもおりました。天気もいいし、気持ちいいだろうなぁ。どこまで行くんだろう。
そういえば、知らない間に「お弁当」だの「アイスクリーム」だの、幟が出て事務所も賑やかになりましたね。自転車用品も置いてくれんかなぁ。
   
   
ようやくエンジンがかかってきたのか、吉見から先は少し楽になりました。
しっかし、この二人 やっぱり速いわ(笑 
あの速度で普通に会話していますから(爆  
私はひぃひぃ言うのが精一杯でございました。
   
   
記事に厚みがなくってなんなんですが(笑 熊谷到着です。
イベントみたいなのをやっていて、ソーラン節やら賑やかですね。
それで 強制連行されたとき以来の詩知里屋です。
きょうはアーリオのダブルAセットです。
んー ちょっと失敗かも。具が少ないのにあのもっちり麺の盛りは...美味いが途中で飽きました ^^;
なんとか口に放り込みましたが、次はちゃうやつにしとこ。ご馳走様でした。
   
   
帰りも相変わらずの高速列車。腹が 苦しい(笑
平地なのに常に心拍170オーバーっていかがなものか、などと考えながらひたすらついていきます。
しかも往路は向かい風気味だったのに、復路は無風 0(>_<)0
ヤジマの吹流しも項垂れておりましたよ。
   
   
帰りも吉見で休憩。
さて出ようか、というところに一人の自転車乗りさんがお声をかけてきました。

たまには、走ろかな...katsuさんでした。始めまして!
立ち話ですみませんでした。今度一緒に走りましょう。
   
   
樋詰橋の手前で「シロクマ」さんに行くというkumaさんとお別れ。時間がまだあったのでちょっと考えはしたのですが、ちょいとやっておきたいこともあったし、よっちさん&kumaさんだと新幹線並みになっちゃいますから(笑
よっちさん 次こそは一緒に走りましょうねぇ って、平日隊で?
   
   
樋詰橋分岐でkaoさんともお別れ。いきなり速度が落ちて ^^; 14時前に帰宅。
kumaさん kaoさん ありがとうございました。

明日はサイクルモードへ行きまーす。
   
   
   
今日の走行距離 : 86.0km
ave. 驚異の26.5km/h

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »